文書番号 : S1303130047806 / 最終更新日 : 2018/02/28

[VAIO Media Server Settings] 設定できる項目

    Q

    [VAIO Media Server Settings]
    設定できる項目


    • 「VAIO Media Server Settings」で、どのような設定ができますか。
    • 「VAIO Media Server Settings」の初期設定を行う方法を教えてください。

    A

    各項目をご参照ください


    対象製品

    アプリケーションソフトウェア
    VAIO Media Server Settings

    説明

    「VAIO Media Server Settings」では、ネットワーク上の機器のコンテンツを配信する際の詳細な設定ができます。

    内容

    操作方法

    初期設定を行う方法

    「VAIO Media Server Settings」をはじめて起動すると、[初期設定]画面が表示されます。
    初期設定を行うと、ネットワーク上のほかの機器からご使用のPCにあるコンテンツを参照できるように設定されます。
    操作手順については、下記をご参照ください。

    操作手順

    1. 「VAIO Media Server Settings」を起動します。

    2. [初期設定]画面が表示されるので、[次へ]ボタンを選択します。

      [初期設定]画面

    3. [ユーザー アカウント制御]画面が表示された場合は、[はい]ボタンを選択します。
      パスワードの入力画面が表示された場合は、管理者権限を持つアカウントのパスワードを入力し、[はい]ボタンを選択します。

    4. 「初期設定を行っています。」と表示されるので、しばらく待ちます。

      [初期設定を行っています]画面

    5. 「初期設定が完了しました。」と表示されるので、[次へ]ボタンを選択します。

      [初期設定が完了しました]画面

    以上で操作は完了です。
    [VAIO Media Server Settings]画面が表示されるので、任意の設定を行ってください。

    参考

    もう一度初期設定を行うには、[VAIO Media Server Settings]画面の[初期設定]から行います。
    詳細については、初期設定をご参照ください。

    目次に戻る

    設定できる項目
    共有設定

    [ホームネットワーク共有設定]画面

    • コンテンツを共有する
      この項目にチェックをつけると、使用しているPCにあるコンテンツをネットワーク上のほかの機器と共有します。

    • 共有名
      使用しているPCをほかの機器と共有する際の名称を入力します。

    • 共有する機器の設定
      [設定]ボタンを選択すると、[共有する機器の設定]画面が表示されます。
      共有したい機器にチェックをつけ、[OK]ボタンを選択します。

      [共有する機器の設定]画面

      参考
      • [新たに追加された機器を自動で共有する]にチェックをつけると、新たに追加された機器を、自動的に共有する機器に設定します。
        ただし、お使いのネットワーク環境が「公共の場所」に設定されている場合は、このチェックをつけても自動で共有されません。
        共有するには、追加された機器に手動でチェックをつけてください。

      • 共有できる機器は20台までです。

    • 高度な設定
      [高度な設定]ボタンを選択すると、[高度な設定]画面が表示されます。

      • [Windowsファイアウォールの状態]
        現在のWindowsファイアウォールの設定状態が表示されます。

      • [Windowsファイアウォールの例外に追加します]
        この項目にチェックをつけると、コンテンツ共有に必要な実行ファイルをWindowsファイアウォール設定の「例外」に追加し、[Windowsファイアウォールの状態]が有効の場合でも、ネットワーク上のコンテンツを楽しむことができます。

      [高度な設定]画面

    • ライブラリの監視
      この項目にチェックをつけると、使用しているPCのライブラリーを監視します。
      また、ネットワーク上のほかの機器と共有できるように、コンテンツを解析します。

      参考

      ライブラリーに大量のコンテンツが追加(更新)されると、追加直後に再生性能に影響をおよぼす可能性があります。

    目次に戻る

    配信設定

    [配信設定]画面

    配信時の再生互換性を高めるために、WMV形式、AVI形式、およびMPEG4形式の動画ファイルはMPEG2形式に変換されます。
    変換する際の画質について設定します。

    • 最高画質
      画質を優先して配信するため、PCの負荷が高くなる場合があります。

    • 高画質
      画質とPCの負荷のバランスをとりながら、変換、および配信します。

    • 標準
      PCの負荷をできるだけ抑えて変換、および配信します。

    • 変換配信しない
      変換せずに配信します。

    目次に戻る

    初期設定

    [初期設定]画面

    [初期設定開始]ボタンを選択すると、[初期設定]画面が表示され、初期設定を行えます。

    目次に戻る