文書番号 : S1301240045508 / 最終更新日 : 2018/02/28

[Windows 8] Internet Explorerを使用中に「保護を強化するため、(メールアドレス)の本人確認を行う必要があります」と表示される

    Q

    [Windows 8]
    Internet Explorerを使用中に「保護を強化するため、(メールアドレス)の本人確認を行う必要があります」と表示される


    「Internet Explorer」でBingやMSNを使用して検索を行うと、「保護を強化するため、(メールアドレス)の本人確認を行う必要があります」と表示されます。

    詳細を見る

    [Internet Explorer]画面


    A

    マイクロソフト社より受信したメールから、Microsoftアカウントの本人確認を行います


    対象製品

    アプリケーションソフトウェア
    Internet Explorer 10.0
    対象OS
    Windows 8

    説明

    Hotmail、Outlook.comなどのマイクロソフト社以外のメールアドレスをMicrosoftアカウントに登録した場合は、登録後に本人確認(お使いのメールアドレスの確認)が必要になります。
    本人確認が完了していない場合、本現象が発生します。

    内容

    対処方法

    マイクロソフト社からの受信メールを表示する手段により、操作手順が異なります。

    Windowsストアアプリの「メール」で本人確認を行う場合

    下記の関連Q&Aの[■メールアカウントの初期設定をする方法]を参照して操作を行うと、Microsoftアカウントの本人確認ができます。

    ▼関連Q&A:
    [Windows 8] Windowsストアアプリの「メール」のアカウントを設定する方法

    ご注意

    「メール」は、IMAPメールのみ使用できます。
    プロバイダーから提供されているメールアドレスがPOPメールの場合は、[上記以外の方法で本人確認を行う場合]をご参照ください。

    目次に戻る

    上記以外の方法で本人確認を行う場合

    「Windows Liveメール」や「Outlook」などのアプリ、またはブラウザー上で、受信メールが確認できる環境を準備してから、下記の操作を行ってください。

    参考

    Microsoftアカウントに登録したメールが受信できる環境であれば、現象が発生しているPC以外でも操作を行えます。
    手順1~2を現象が発生しているPCで行い、手順3以降をメールが受信できるPCで行ってください。

    操作手順

    1. 「保護を強化するため、(メールアドレス)の本人確認を行う必要があります」と表示された画面の[メールの再送信]ボタンを選択します。

      MicrosoftアカウントのWebページ画面

    2. 「メールが送信されました」と表示されたことを確認します。

      [メールが送信されました]画面

    3. マイクロソフト社から送信された「お使いのメールアドレスの確認」という件名のメールを表示します。

    4. [(メールアドレス)の確認]ボタンを選択します。

      メール画面

    5. 「Internet Explorer」が起動し、「サインイン」と表示されるので、Microsoftアカウントのパスワードを入力して、[サインイン]ボタンを選択します。

      [サインイン]画面

    6. 「確認できました」と表示されるので、[OK]ボタンを選択します。

      [確認できました]画面

    以上で操作は完了です。

    目次に戻る

    ■ Q&Aで解決できなかった時にお役立てください。