文書番号 : S1210230043184 / 最終更新日 : 2018/02/28

[SVD1****,SVF1****,SVT112**] デジタイザースタイラス(ペン)の操作方法・注意事項

    Q

    [SVD1****,SVF1****,SVT112**]
    デジタイザースタイラス(ペン)の操作方法・注意事項


    • デジタイザースタイラス(ペン)について教えてください。
    • 他社製のスタイラスをVAIOで使えますか。
    • 他社製のタブレットデバイスに付属しているタッチペンは使用できますか。

    A

    画面をペンで軽く押したり、画面上のものをなぞったりするなどの直感的な動作でPCを操作できます


    対象製品

    パーソナルコンピューター
    SVD132シリーズ
    SVD112シリーズ
    SVF15Nシリーズ
    SVF14Nシリーズ
    SVF13Nシリーズ
    SVF11Nシリーズ
    SVT112シリーズ
    デジタイザースタイラス(ペン)
    VGP-STD2
    VGP-STD1/B

    内容

    説明

    操作方法
    クリック(タップ)

    タッチパネル上の任意の場所を1回押して離します。
    [OK]ボタン、または[キャンセル]ボタンなどを押したり、メニューを選択するときなどに使います。

    目次に戻る

    ダブルクリック(ダブルタップ)

    タッチパネル上の任意の場所をすばやく2回連続で押して離します。
    ワープロや表計算などのアプリを実行したり、作成した文書ファイルを開くときなどに使います。

    目次に戻る

    右クリック(長押し)

    ペンの下側のボタンを押しながら、タッチパネルにペンを近付けて任意の場所を1回押して離します。
    タッチパネル上の場所によって、さまざまな内容のメニューが表示されます。
    タッチパネル上の任意の場所を押し続けたまま、数秒間そのままにしてから離しても同じ操作ができます。

    右クリックの操作方法

    目次に戻る

    ドラッグ

    ペンをタッチパネル上の任意の場所に軽く押しつけながらなぞります。
    ファイルを移動するときなどに使います。

    目次に戻る

    入力した文字などを消す

    アプリによっては、入力した文字をペンで消せます。
    ペンの上側のボタンを押しながら、タッチパネルにペンを近付けて、任意の場所に軽く押しつけながらなぞります。

    入力した文字などを消す方法

    目次に戻る

    調整する

    ペンでタッチした場所と、ディスプレイ上で反応する場所がずれている場合は、下記の操作で調整できます。

    操作手順

    1. [コントロール パネル]画面を表示します。

    2. [コントロール パネル]画面が表示されるので、[ハードウェアとサウンド]を選択します。

    3. [ハードウェアとサウンド]画面が表示されるので、[タブレット PC 設定]を選択します。

    4. [タブレット PC 設定]画面が表示されるので、[画面]タブを選択し、[ディスプレイ オプション]欄の[調整]ボタンを選択します。

      [タブレット PC 設定]画面

    5. [ペンまたはタッチ入力画面の調整]画面が表示されるので、[ペン入力]を選択します。

      [ペンまたはタッチ入力画面の調整]画面

    6. [ユーザー アカウント制御]画面が表示された場合は、[はい]ボタンを選択します。
      パスワードの入力画面が表示された場合は、管理者権限を持つアカウントのパスワードを入力し、[はい]ボタンを選択します。

    7. 調整サンプルを入力する画面が表示されるので、ディスプレイの四隅に表示される十字のマークの中央部分をタッチします。

      • ディスプレイの四隅それぞれで、何度かタッチを行います。

      調整サンプル入力画面

    8. 「調整データを保存しますか?」と表示されるので、[はい]ボタンを選択します。

      メッセージ画面

    以上で操作は完了です。
    タッチした場所と反応する場所がずれていないかを確認し、ずれている場合は再度調整を行ってください。

    目次に戻る

    仕様・注意事項
    • 必ず、付属、または別売りのペン(VGP-STD2、VGP-STD1/B)をご使用ください。

    • ペンの筆圧(感知)レベルは256です。

    • ペンを使用するには、単6形アルカリ乾電池が必要です。
      ペンの軸側のテールキャップをはずし、乾電池を入れてください。

    • 市販の充電式の乾電池は対応していません。
      充電式の乾電池を使用した場合は、液もれによる事故、または故障につながる可能性があります。

    • ペンの電池残量はPCの画面上を含めて、確認できません。
      乾電池を入れたままの状態で1日4時間程度使用した場合、約1年半で交換が必要になります。

    • 画面によっては、ペンでの画面スクロールができません。

    目次に戻る

    ■ Q&Aで解決できなかった時にお役立てください。