文書番号 : S1210150042855 / 最終更新日 : 2018/02/28

[Power2Go] データディスクを作成する方法

対象製品カテゴリー・製品

Q

[Power2Go]
データディスクを作成する方法


ファイルやフォルダーをCD/DVD/BDメディアにコピーして、データディスクを作成する方法について。


A

[データ ディスク]から操作を行います


対象製品

アプリケーションソフトウェア
Power2Go

説明

ご注意

「Power2Go」の使い方、および操作中に問題が発生した場合のサポート先は、サイバーリンク社です。

VAIOカスタマーリンクには詳細な情報がありません。
「Power2Go」については、お手数をおかけいたしますがサイバーリンクカスタマーサポートにご確認ください。

内容

事前確認

ご注意

下記の方法は、お客様が著作権保有者であるか、著作権保有者から複製の許諾を得ている素材を制作する手段としてのものです。
もしお客様自身が著作権を所有していない場合か、著作権保有者から複製許諾を得ていない場合は、著作権法の侵害となり、損害賠償を含む補償義務を負うことがあります。
ご自身の権利について不明確な場合は、法律の専門家にご相談ください。

目次に戻る

操作方法

操作手順

  1. ブランクメディア、または追記可能なメディアを挿入します。

  2. 「Power2Go」を起動します。

  3. [Power2Go]画面が表示されるので、[データ ディスク]を選択し、[CD]、[DVD]、または[ブルーレイ ディスク]からご使用のメディアを選択します。

    [Power2Go]画面

  4. [データ ディスク]画面が表示されるので、[参照]タブを選択し、任意のファイルやフォルダーを選択し、[ファイルをディスクの内容に追加]ボタンを選択します。

    [データ ディスク]画面

  5. [書き込み]ボタンを選択します。

    [データ ディスク]画面

  6. [設定/情報]画面が表示されるので、必要に応じて設定を確認し[書き込み]ボタンを選択します。

    [設定/情報]画面

    参考
    • 同じメディアを複数作成したい場合は、[コピー枚数]欄の[▲]、または[▼]ボタンで作成枚数を指定します。

    • メディアに名前をつけたい場合は、[共通]タブを選択し、[ディスク名]欄に任意の名前を入力します。

    • ファイルシステムを変更する場合は、[データ]タブの[ファイルシステム]欄で変更します。
      ファイルシステムは、[ISO9660/Joliet]、[UDF 1.5]、[UDF 2.0]、または[UDF 2.5]から選択できます。

  7. [書き込み中]画面が表示されるので、しばらく待ちます。

    [書き込み中]画面

  8. [データ ディスク:作業が完了しました。]画面が表示されるので、[OK]ボタンを選択します。

    [データ ディスク:作業が完了しました。]画面

以上で操作は完了です。

目次に戻る

■ Q&Aで解決できなかった時にお役立てください。