文書番号 : S1208160040770 / 最終更新日 : 2018/02/28

[Internet Explorer 9.0-10.0] セキュリティーレベルを変更する方法

     
    Q

    [Internet Explorer 9.0-10.0]
    セキュリティーレベルを変更する方法

    「Internet Explorer」のセキュリティーレベルを変更する方法を教えてください。

     
    A

    [インターネット オプション]画面の[セキュリティ]タブから操作を行います

    対象製品

    アプリケーションソフトウェア
    Internet Explorer 10.0(デスクトップ版)
    Internet Explorer 9.0

    説明

    「Internet Explorer」のセキュリティーレベルを「高」に設定することで、ウイルスのような悪意のあるプログラムを防ぐことができます。
    ただし、Webページ内のJavaスクリプトActiveXなどのプログラムは実行されなくなり、安全だとわかっているWebページも表示されなくなったり、そのWebページの機能が使えなくなります。

    あらかじめ安全だとわかっているWebページは、「信頼済みサイト」に登録しておくことができます。
    「信頼済みサイト」に登録すると、そのWebページのJavaスクリプトやActiveXが実行できるようになるため、表示したりWebページの機能を使うことができるようになります。

    内容

    事前確認

    本Q&Aは、「Internet Explorer 9.0」の画像を使用しています。

    目次に戻る

    操作方法

    操作手順

    1. 「Internet Explorer」を起動します。

    2. 画面の右上にある[ツール]ボタンを選択し、[インターネット オプション]を選択します。

      [ツール]メニュー

    3. [インターネット オプション]画面が表示されるので、[セキュリティ]タブを選択し、[セキュリティ設定を表示または変更するゾーンを選択してください]欄から、セキュリティーレベルを設定するゾーンを選択します。

      [セキュリティ]タブ

    4. 引き続き、[このゾーンのセキュリティのレベル]欄のスライダーを動かし、任意のセキュリティーレベルに設定し、[OK]ボタンを選択します。
      スライダーが表示されていない場合は、[既定のレベル]ボタンを選択し、スライダーを表示させた後、設定を行います。

      [セキュリティ]タブ

      また、詳細なセキュリティー設定を行いたい場合は、[レベルのカスタマイズ]ボタンを選択し、[セキュリティ設定]画面が表示されたら、Javaの設定を有効・無効にするなど任意の設定を行い、[OK]ボタンを選択します。

      ▼関連Q&A:
      [Internet Explorer 9.0-10.0] JavaScriptを有効/無効にする方法 【動画あり】

      [セキュリティ設定]画面

    以上で操作は完了です。

    参考

    セキュリティーレベルを戻す場合は、[このゾーンのセキュリティレベル]欄の[既定のレベル]ボタンを選択し、[OK]ボタンを選択します。

    [セキュリティ設定]画面

    目次に戻る

     

    参考情報

    • ゾーンについて
      「Internet Explorer」では、閲覧するWebページを以下の4つのゾーンに区分しています。

      ゾーン説明既定のレベル
      インターネット通常参照する一般的なWebページであり、ローカルイントラネット、信頼済みサイト、または制限付きサイトのセキュリティゾーン内のWebページを除く、すべてのWebページ。「中高」
      ローカルイントラネット企業ネットワークまたはビジネスネットワーク上に格納されたWebページやコンテンツに適用されます。
      ユーザーで追加することも可能です。
      詳細は、参加しているネットワークのシステム管理者にお問い合わせください。
      「中低」
      信頼済みサイトユーザーのコンピューターや情報に害を与えないと信頼するWebページ
      ユーザーが任意で登録する必要があります。
      「中」
      制限付きサイトユーザーのコンピューターや情報に害を与えないと考えられるWebページ。
      ユーザーが任意で登録する必要があります。
      「高」
     
    • セキュリティーレベルについて
      ゾーンごとに、以下のセキュリティーレベルを設定することが出来ます。

      セキュリティーレベル説明
      「高」[制限付きサイト]ゾーンで既定のレベルに設定されている、最も高いセキュリティーレベルです。
      ActiveX、JAVAはすべて無効に設定されます。
      「中高」[インターネット]ゾーンで既定のレベルに設定されている、ほとんどのWebページに適切なレベルです。
      安全でない可能性のあるコンテンツをダウンロードする前に確認を促します。
      「中」[信頼済みサイト]ゾーンで既定のレベルに設定されている、通常Webページを参照する場合に支障のないレベルです。
      安全でない可能性のあるコンテンツをダウンロードする前に警告します。
      「中低」[ローカルイントラネット]で既定のレベルに設定されている、ローカルネットワークのページには適切なレベルです。
      ほとんどのコンテンツは、確認なく実行されます。
      「低」すべてのWebページを無条件に信頼する、最も低いセキュリティーレベルです。
      ほとんどのコンテンツは、確認なくダウンロードされ、実行されます。

    目次に戻る

    目次に戻る

    ■ Q&Aで解決できなかった時にお役立てください。