文書番号 : S1207310040351 / 最終更新日 : 2018/02/28

[Windows 8] ネットワーク上のユーザーとファイルやフォルダーを共有する方法

    Q

    [Windows 8]
    ネットワーク上のユーザーとファイルやフォルダーを共有する方法


    ネットワーク上のほかのPCと、ファイルやフォルダーを共有するための設定の方法について。


    A

    共有する前の準備設定、およびファイル・フォルダーの共有設定を行い、ネットワーク上のユーザーと共有します


    対象製品

    Windows 8

    説明

    Windows 8では、ホームネットワーク内のWindows 8を実行しているPC同士でホームグループを使用して、ファイル、またはフォルダーを共有することもできます。
    ホームグループを作成していない場合とホームグループを作成している場合と共有する方法が異なります。

    内容

    事前確認

    • それぞれのユーザーアカウントにパスワードを設定する必要があります。
      パスワードを設定する方法については、下記の関連Q&Aをご参照ください。

      ▼関連Q&A:
      [Windows 8] ユーザーアカウントのパスワードを変更・削除する方法

    • セキュリティーアプリをご使用の場合、あらかじめPCへの通信を許可する設定が必要となります。
      設定方法については、セキュリティーアプリの取扱説明書をご確認いただくか、メーカーまでお問い合わせください。

    目次に戻る

    操作方法

    ファイル、またはフォルダーを共有する前の準備設定

    操作手順

    1. [コントロール パネル]画面を表示します。

    2. [コントロール パネル]画面が表示されるので、[システムとセキュリティ]を選択します。

      [コントロール パネル]画面

    3. [システムとセキュリティ]画面が表示されるので、[Windows ファイアウォール]を選択します。

      [システムとセキュリティ]画面

    4. [Windows ファイアウォール]画面が表示されるので、画面左側の[Windows ファイアウォールの有効化または無効化]を選択します。

      [Windows ファイアウォール]画面

    5. [設定のカスタマイズ]画面が表示されるので、[Windows ファイアウォールを有効にする]にチェックをつけ、[許可されたアプリの一覧にあるアプリを含め、すべての着信接続をブロックする]のチェックをはずし、[OK]ボタンを選択します。

      [設定のカスタマイズ]画面

    6. [Windows ファイアウォール]画面に戻るので、画面左側の[Windows ファイアウォールを介したアプリまたは機能を許可]を選択します。

      [Windows ファイアウォール]画面

    7. [許可されたアプリ]画面が表示されるので、[許可されたアプリおよび機能]欄の[ネットワーク探索]、および[ファイルとプリンターの共有]にチェックをつけ、[OK]ボタンを選択します。

      [許可されたアプリ]画面

      参考

      [許可されたアプリおよび機能]欄の項目がグレーアウトして操作できない場合は、[設定の変更]ボタンを選択します。

      [許可されたアプリ]画面

    以上で操作は完了です。

    参考

    共有の詳細設定を確認、および変更する方法については、下記をご参照ください。

    操作手順

    1. [コントロール パネル]画面を表示します。

    2. [コントロール パネル]画面が表示されるので、[ネットワークとインターネット]の[ネットワークの状態とタスクの表示]を選択します。

      [コントロール パネル]画面

    3. [ネットワークと共有センター]画面が表示されるので、画面左側の[共有の詳細設定の変更]を選択します。

      [ネットワークと共有センター]画面

    4. [共有の詳細設定]画面が表示されるので、[ネットワーク探索を有効にする]、および[ファイルとプリンターの共有を有効にする]にチェックが入っているかを確認します。
      チェックがついていない場合はチェックをつけ、[変更の保存]ボタンを選択して、画面を閉じます。

      • 変更する必要がない場合は、[変更の保存]ボタンがグレーアウトしているため、[キャンセル]ボタンをクリックし画面を閉じます。

      [共有の詳細設定]画面

    目次に戻る

    共有する方法
    パブリックフォルダーで共有する方法

    パブリックフォルダー共有が有効になっている場合、PC、またはネットワーク上のすべてのユーザーがパブリックフォルダーを開き、ファイルの読み書きを行えます。
    パブリックフォルダー共有が無効になっている場合は、パブリックフォルダーの所有者のPC上にユーザーアカウントとパスワードが作成されているユーザーのみがパブリックフォルダーを開き、ファイルの読み書きを行えます。

    パブリックフォルダー共有を有効にする方法については下記をご参照ください。

    操作手順

    1. [コントロール パネル]画面を表示します。

    2. [コントロール パネル]画面が表示されるので、[ネットワークとインターネット]の[ネットワークの状態とタスクの表示]を選択します。

      [コントロール パネル]画面

    3. [ネットワークと共有センター]画面が表示されるので、画面左側の[共有の詳細設定の変更]を選択します。

      [ネットワークと共有センター]画面

    4. [共有の詳細設定]画面が表示されるので、[すべてのネットワーク]欄の[共有を有効にして、ネットワークアクセスがある場合はパブリックフォルダー内のファイルを読み書きできるようにする]にチェックをつけ、[変更の保存]ボタンを選択します。

      • 上記の項目が表示されない場合は、[すべてのネットワーク]欄の下向き三角のボタンを選択して、表示します。

      [共有の詳細設定]画面

      参考

      [共有の詳細設定]画面は、パブリックフォルダーを右クリックし(タッチパネルの場合は押し続けて)、表示されたメニューから[共有]-[共有の詳細設定]を選択して開くこともできます。

    以上で操作は完了です。

    目次に戻る

    任意のフォルダーで共有する方法
    ホームグループの場合

    共有したいファイル、またはフォルダーを右クリックし(タッチパネルの場合は押し続けて)、表示されたメニューから[共有]を選択して、任意の共有方法を選択します。

    右クリックメニュー画面

    • ホームグループ (表示)
      選択した項目をホームグループ全体で共有します。
      ただし、項目を開く操作のみ許可します。
      ホームグループのメンバーは、項目の変更、および削除はできません。

    • ホームグループ (表示および編集)
      選択した項目をホームグループ全体で共有します。
      ホームグループのメンバーは、項目を開いて、変更、または削除ができます。

    目次に戻る

    ホームグループ以外のネットワークの場合

    操作手順

    1. 共有したいファイル、またはフォルダーを右クリックし(タッチパネルの場合は押し続けて)、表示されたメニューから[共有]を選択して、[特定のユーザー]を選択します。

      右クリックメニュー画面

    2. [ファイルの共有]画面が表示されるので、下向き三角のボタンを選択して、共有を許可するユーザーを選択します。

      • [Everyone]を選択すると、ホームネットワーク上のすべてのユーザーに対して、コンテンツを共有します。

      [ファイルの共有]画面

    3. [追加]ボタンを選択します。

      [ファイルの共有]画面]

    4. 一覧にユーザーが追加されるので、必要に応じて[アクセス許可のレベル]欄を選択して変更し、[共有]ボタンを選択します。

      [ファイルの共有]画面

    5. [ユーザーのフォルダーは共有されています。]と表示されるので、[終了]ボタンを選択します。

      [ファイルの共有]画面

    以上で操作は完了です。

    参考

    Windowsでは、Cドライブ、およびシステムフォルダーなどセキュリティー上の理由から[共有]メニューを使用して、直接共有できない場所がいくつかあります。
    これらの場所は、[詳細な共有]を使用して共有する必要があります。
    ただし、通常は、これらのドライブ、およびフォルダーを共有することは推奨されません。

    操作手順

    1. ドライブ、またはフォルダーを右クリックして(タッチパネルの場合は長押しして)、表示されたメニューから[プロパティ]を選択します。

    2. 選択したドライブ、またはフォルダーの[プロパティ]画面が表示されるので、[共有]タブの[詳細な共有]ボタンを選択します。

      [プロパティ]画面

    3. [詳細な共有]画面が表示されるので、[このフォルダーを共有する]にチェックをつけ、[OK]ボタンを選択します。

      [詳細な共有]画面

    4. [プロパティ]画面に戻るので、[閉じる]ボタンを選択します。

    目次に戻る

    共有したファイル、またはフォルダーがあるPCに接続する方法

    任意のフォルダーを開き、ナビゲーションウィンドウから操作します。

    • ホームグループの場合
      [ホームグループ]を選択し、接続したいユーザーのアイコンをダブルクリック(タッチパネルの場合はダブルタップ)します

      [ホームグループ]画面

    • ホームグループ以外のネットワークの場合
      [ネットワーク]を選択し、接続したいPCのアイコンをダブルクリック(タッチパネルの場合はダブルタップ)します。

      [ネットワーク]画面

    • 参考

      [Windows セキュリティ]画面が表示された場合は、[ユーザー名]、および[パスワード]欄に、接続したいPC(相手)側のユーザー名とパスワードを入力し、[OK]ボタンを選択します。

      • 一度接続したPCには、その後はユーザー名やパスワードを入力せずに接続できます。

      [Windows セキュリティ]画面

      パスワードで保護された共有が有効になっている場合は、共有フォルダーにネットワーク上のほかのPCが接続するには、接続する側のPCは接続される側のPC上のユーザーアカウント、およびパスワードを持っている必要があります。
      このため、ワークグループに属しているすべてのPC上に同じユーザーアカウント、およびパスワードを作成することをおすすめします。

      また、接続される側のPCのユーザーアカウント、およびパスワードを持たないユーザーにも接続を許可するようにパスワードで保護された共有を無効に設定できます。
      設定の方法については、下記の操作手順をご参照ください。

      操作手順

      • 以下は接続される側のPCでの設定です。
      1. [コントロール パネル]画面を表示します。

      2. [コントロール パネル]画面が表示されるので、[ネットワークとインターネット]の[ネットワークの状態とタスクの表示]を選択します。

        [コントロール パネル]画面

      3. [ネットワークと共有センター]画面が表示されるので、画面左側の[共有の詳細設定の変更]を選択します。

        [ネットワークと共有センター]画面

      4. [共有の詳細設定]画面が表示されるので、[パスワード保護の共有を無効にする]にチェックをつけ、[変更の保存]ボタンを選択します。

        • 上記の項目が表示されない場合は、[すべてのネットワーク]欄の下向き三角のボタンを選択して、表示します。

        [共有の詳細設定]画面

    目次に戻る

    参考情報

    ホームグループの作成方法については、下記の関連Q&Aをご参照ください。

    ▼関連Q&A:
    [Windows 8] ホームグループを作成する方法

    目次に戻る

    ■ Q&Aで解決できなかった時にお役立てください。