文書番号 : S1206250039294 / 最終更新日 : 2018/02/28

[Windows 8] PC全体のバックアップ(システムイメージバックアップ)を行う方法

対象製品カテゴリー・製品

Q

[Windows 8]
PC全体のバックアップ(システムイメージバックアップ)を行う方法


  • PC全体をバックアップする方法について。
  • PC全体のシステムイメージバックアップを行う方法について。

A

[システム イメージの作成]画面を表示してバックアップします


対象製品

Windows 8.1
Windows 8

説明

システムイメージとは、Windowsのシステムやインストールされているプログラム、システム設定、およびハードディスクに保存したファイルを含んだ、PC全体のイメージ(※)です。
ハードディスク、またはPC全体が動作しなくなった場合は、このイメージを使用してPCの内容を復元できます。

  • ただし、デジタル放送番組やインターネットで購入した音楽データなどは、システムイメージには含まれません。 ご注意ください。

ネットワーク上に保存する場合は、最新のイメージのみを保持できます。
そのほかの場所に保存する場合は、複数バージョンのシステムイメージを保持できます。
なお、内蔵ハードディスクや外付けハードディスクに保存する場合は、空き領域が不足すると古いシステムイメージが削除されます。

内容

事前確認

  • システムイメージバックアップは、ハードディスクに保存したファイルも含め、PC全体のバックアップを行うため、処理に時間がかかります。
    ハードディスクに保存したファイルのみをバックアップしたい場合は、下記のQ&Aの手順で、ファイルをバックアップすることをおすすめします。

    ▼関連Q&A:
    [Windows 8] ファイル履歴を使用してバックアップする方法

  • バックアップするドライブ(パーティション)のサイズが2TB以上の場合はバックアップできません。
    これは、PC全体のバックアップ(システムイメージバックアップ)で利用されるファイルフォーマット(VHD1.0)の仕様によるものです。
    バックアップするには、ドライブのサイズを2TB未満に変更する必要があります。
    ドライブのサイズを変更する方法については、下記の関連Q&Aをご参照ください。

    • 複数のドライブを一度にバックアップする場合は、それぞれのドライブのサイズが2TB未満であれば、合計が2TB以上でもバックアップ可能です。

    ▼関連Q&A:
    [Windows 8] パーティションを作成/削除する方法

  • デジタル放送や音楽データなどの著作権保護されたコンテンツは、本Q&Aの操作では正常にバックアップできません。
    アプリ上で個別にバックアップを行う必要があります。
    詳細については、各アプリのヘルプファイルなどをご参照ください。

  • データを暗号化している場合は、解除してからバックアップしてください。

    ▼関連Q&A:
    [Windows 8] ファイルやフォルダーを暗号化する方法

  • バックアップを保存する外付けハードディスクやメディアなどを接続(挿入)してから、操作を行ってください。

目次に戻る

操作方法

[システム イメージの作成]画面を表示します
Windows 8.1の場合

操作手順

  1. [コントロール パネル]画面を表示します。

  2. [コントロール パネル]画面が表示されるので、[システムとセキュリティ]の[ファイル履歴でファイルのバックアップ コピーを保存]を選択します。

    [コントロール パネル]画面

  3. [ファイル履歴]画面が表示されるので、画面左側の[システム イメージ バックアップ]を選択します。

    • [システム イメージ バックアップ]の項目が表示されるまで、時間がかかることがあります。

    [ファイル履歴]画面

目次に戻る

Windows 8の場合

操作手順

  1. [コントロール パネル]画面を表示します。

  2. [コントロール パネル]画面が表示されるので、[システムとセキュリティ]の[ファイル履歴でファイルのバックアップ コピーを保存]を選択します。

    [コントロール パネル]画面

  3. [ファイル履歴]画面が表示されるので、画面左側の[Windows 7 のファイルの回復]を選択します。

    [ファイル履歴]画面

  4. [Windows 7 のファイルの回復]画面が表示されるので、[システム イメージの作成]を選択します。

    [Windows 7 のファイルの回復]画面

目次に戻る

バックアップを保存する場所、およびバックアップするドライブを選択します

操作手順

  • 下記は例として、外付けハードディスクにバックアップする手順です。
    バックアップを保存する場所や、ご使用のモデルにより、表示される画面が異なる場合があります。
  1. [システム イメージの作成]画面で、「バックアップをどこに保存しますか?」と表示されるので、任意の場所を選択し、[次へ]ボタンを選択します。

    • ここでは、[ハードディスク上]にチェックをつけ、[ローカル ディスク(D:)]を選択します。

    [バックアップをどこに保存しますか?]画面

  2. 「どのドライブをバックアップに含めますか?」と表示された場合は、バックアップするドライブにチェックをつけ、[次へ]ボタンを選択します。
    表示されない場合は、次の手順に進みます。

    • Windowsの実行に必要なドライブは、チェックをはずせません。

    [どのドライブをバックアップに含めますか?]画面

    参考

    BitLockerで暗号化されているドライブをバックアップする場合は、下記のメッセージ画面が表示されるので、[OK]ボタンを選択します。

    メッセージ内容:
    「暗号化されているドライブC:をバックアップすることを選択しました。バックアップの場所は暗号化されません。バックアップは、物理的に安全な場所に保管してください。」

    メッセージ画面

  3. 「バックアップの設定を確認します」と表示されるので、内容を確認し、[バックアップの開始]ボタンを選択します。

    [バックアップの設定を確認します]画面

  4. 「バックアップを保存しています...」と表示されるので、バックアップが完了するまでしばらく待ちます。

    [バックアップを保存しています...]画面

    参考

    「システム修復ディスクを作成しますか?」というメッセージ画面が表示された場合は、[はい]ボタン、または[いいえ]ボタンを選択します。
    [はい]ボタンを選択した場合は、[システム修復ディスクの作成]画面が表示されるので、画面に沿ってシステム修復ディスクを作成してください。
    なお、システム修復ディスクは後から作成することもできます。

    [メッセージ画面

  5. 「バックアップは正常に完了しました。」と表示されるので、[閉じる]ボタンを選択します。

    [バックアップは正常に完了しました。]画面

以上で操作は完了です。

目次に戻る

■ Q&Aで解決できなかった時にお役立てください。