文書番号 : S1206250039285 / 最終更新日 : 2018/02/28

[Windows 8] システムの復元を実行する方法

対象製品カテゴリー・製品

Q

[Windows 8]
システムの復元を実行する方法


システムの復元を行う方法について。


A

Windowsの起動状況により、操作手順が異なります


対象製品

Windows 8.1
Windows 8

説明

システムの復元を使用すると、データファイルに影響を与えることなく、システムに対する変更を元に戻し、PCの問題を修正できます。

内容

事前確認

  • システムの復元を使用すると、追加したドライバーが使えなくなったり、追加したアプリが使用できなくなる可能性があります。
    ドライバーの組み直しやアプリの再インストールを行わなければならない可能性がありますのでご注意ください。

  • システム復元機能を利用することで、ハードディスク内の情報の整合性が失われてしまい、逆にシステムが不安定になったりデータが失われてしまう場合もあります。
    システム復元を試みる前に、重要なデータについては必ずバックアップをお取りください。
    システム復元機能を用いてデータが消失するなどのトラブルが発生したとしても、ソニーでは保証できません。
    あらかじめご了承ください。

  • システムの復元を有効にする方法は、下記の関連Q&Aをご参照ください。

    ▼関連Q&A:
    [Windows 8] システムの復元を有効/無効にする方法

目次に戻る

操作方法

システムの復元を行う方法
Windowsが起動できる場合

操作手順

  1. [システムのプロパティ]画面を表示します。

  2. [システムのプロパティ]画面を表示されるので、[システムの保護]タブを選択し、[システムの復元]を選択します。

    [システムのプロパティ]画面

  3. [システムの復元]画面が表示されるので、[次へ]ボタンを選択します。

    [システムの復元]画面

  4. [選択したイベントの前の状態にコンピューターを復元します。]と表示されるので、任意の復元ポイントを選択して、[次へ]ボタンを選択します。

    • 外付けのハードディスクなどにバックアップしてあるシステムイメージを使用してシステムの復元を行う場合は、機器を接続してください。

    [選択したイベントの前の状態にコンピューターを復元します。]画面

    参考
    • [影響を受けるプログラムの検出]ボタンを選択すると、正常に動作しなくなる可能性があるプログラムやドライバー、および削除されるプログラムやドライバーの一覧が表示されます。

    • 復元ポイントは、毎週自動的に作成され、プログラム、またはドライバーのインストールなどPCに対する変更操作が検出された場合も、その直前に自動的に作成されます。

  5. [復元ポイントの確認]と表示されるので、内容を確認し、[完了]ボタンを選択します。

    [復元ポイントの確認]画面

  6. [いったんシステムの復元を開始したら、中断することはできません。続行しますか?]と確認メッセージが表示されるので、[はい]ボタンを選択します。

    [復元開始]画面

  7. システムの復元が開始され、自動的にWindowsが再起動します。

  8. 再起動後、デスクトップ画面を表示すると[システムの復元は正常に完了しました。]画面が表示されるので、[閉じる]ボタンを選択します。

    [システムの復元は正常に完了しました。]画面

以上で操作は完了です。

参考

セーフモードでシステムの復元を行う場合は、上記の手順で[システムの復元]画面を表示できません。
[検索]チャームを表示し、検索ボックスに「rstrui」と入力して、表示された「rstrui」を選択します。

▼関連Q&A:
[Windows 8] [検索]チャームでファイルやアプリを検索する方法

目次に戻る

Windowsが起動できない場合

操作手順

  • 表示される画面は、ご使用のモデルやアプリのバージョンにより異なります。
  1. PCの電源が入っている場合は、シャットダウンします(電源を切ります)。

  2. 電源が切れている状態で、[ASSIST]ボタンを押します。

  3. [VAIO Careレスキューモード]画面が表示されるので、[トラブルシューティング(リカバリー)を開始]、または[リカバリーやメンテナンスを開始]を選択します。

    [VAIO Care レスキューモード]画面

    [VAIO Care レスキューモード]画面

  4. [キーボード レイアウトの選択]画面が表示された場合は、[Microsoft IME]を選択します。

    [キーボード レイアウトの選択]画面

  5. [オプションの選択]画面が表示されるので、[トラブルシューティング]を選択します。

    [オプションの選択]画面

  6. [トラブルシューティング]画面が表示されるので、[詳細オプション]を選択します。

    [トラブルシューティング]画面

  7. [詳細オプション]画面が表示されるので、[システムの復元]を選択します。

    [詳細オプション]画面

  8. ユーザーアカウントを選択する画面が表示された場合は、任意のユーザーアカウントを選択し、パスワードを設定している場合はパスワードを入力します。

  9. [目的のオペレーティングシステムを選んでください。]と表示された場合は、ご使用のOSを選択します。

    [目的のオペレーティングシステムを選んでください。]画面

  10. [システムの復元]画面が表示されるので、[次へ]ボタンを選択します。

    [システムの復元]画面

  11. [選択したイベントの前の状態にコンピューターを復元します。]と表示されるので、任意の復元ポイントを選択して、[次へ]ボタンを選択します。

    • 外付けのハードディスクなどにバックアップしてあるシステムイメージを使用してシステムの復元を行う場合は、機器を接続してください。

    [選択したイベントの前の状態にコンピューターを復元します。]画面

    参考
    • [影響を受けるプログラムの検出]ボタンを選択すると、正常に動作しなくなる可能性があるプログラムやドライバー、および削除されるプログラムやドライバーの一覧が表示されます。

    • 復元ポイントは、毎週自動的に作成され、プログラム、またはドライバーのインストールなどPCに対する変更操作が検出された場合も、その直前に自動的に作成されます。

  12. [復元ポイントの確認]と表示されるので、内容を確認し、[完了]ボタンを選択します。

    [復元ポイントの確認]画面

  13. [いったんシステムの復元を開始したら、中断することはできません。続行しますか?]と確認メッセージが表示されるので、[はい]ボタンを選択します。

    確認メッセージ画面

  14. システムの復元が開始されるので、しばらく待ちます。

  15. [システムの復元は正常に完了しました。]画面が表示されるので、[再起動]ボタンを選択します。

  16. 再起動後、デスクトップ画面を表示すると[システムの復元は正常に完了しました。]画面が表示されるので、[閉じる]ボタンを選択します。

    [システムの復元は正常に完了しました。]画面

以上で操作は完了です。

目次に戻る

最新の復元を復元前の状態に戻す場合

システムの復元を行っても問題が解決されない場合は、システムの復元を行う前の状態に戻すことができます。

操作手順

  1. [システムのプロパティ]画面を表示します。

  2. [システムのプロパティ]画面を表示されるので、[システムの保護]タブを選択し、[システムの復元]を選択します。

    [システムのプロパティ]画面

  3. [システムの復元]画面が表示されるので、[システムの復元の取り消し]にチェックをつけ、[次へ]ボタンを選択します。

    [システムの復元]画面

  4. [復元ポイントの確認]画面が表示されるので、内容を確認し、[完了]ボタンを選択します。

    [復元ポイントの確認]画面

  5. [いったんシステムの復元を開始したら、中断することはできません。続行しますか?]と確認メッセージが表示されるので、[はい]ボタンを選択します。

    確認メッセージ画面

  6. システムの復元が開始され、自動的にWindowsが再起動します。

  7. 再起動後、デスクトップ画面を表示すると[システムの復元は正常に完了しました。]画面が表示されるので、[閉じる]ボタンを選択します。

    [システムの復元は正常に完了しました。]画面

以上で操作は完了です。

目次に戻る

■ Q&Aで解決できなかった時にお役立てください。