文書番号 : S1206209004303 / 最終更新日 : 2018/02/28

デジタルフォトフレームを節電して使用する方法

    Q

    デジタルフォトフレームを節電して使用する方法

    A

    お使いのフォトフレームには、自動的に本体の電源を「入」「切」できるタイマー機能を搭載しています。
    タイマー機能を設定しておくことで、設定した時間に自動で電源を「切」にすることができるため、節電対策としておすすめです。

    タイマー機能を利用するには、以下の方法で設定をおこなってください。

    本体背面の [メニュー] ボタン - [設定] - [自動電源ON/OFF設定] - [設定方法] から、設定項目 ( [詳細設定]
    / [シンプル設定] / [オートオフ設定] ) を選択します。
    次に、[時間設定] からタイマー機能を動作させる時間や曜日を設定します。

    [時間設定] 表示 ※ 以下は、DPF-W700 の表示例です。
    [詳細設定] の場合[シンプル設定] の場合[オートオフ設定] の場合
    詳細設定 (DPF-W700)シンプル設定 (DPF-W700)オートオフ設定 (DPF-W700)
    曜日別に、1時間単位で自由に電源を入/切する時間を設定できます。1分単位で電源を入/切する時間を設定できます。電源を入れたあと、本機を何も操作しないまま一定時間経過すると自動的に電源を切ることができます。
    (時間は2時間または4時間から選択できます)

    ※ 製品により設定できない項目があります。設定項目や設定方法の詳細は、取扱説明書をご確認ください。
    取扱説明書は、以下のページよりダウンロードしご確認もできます。