文書番号 : S1206059004229 / 最終更新日 : 2018/10/26

「マニュアル録音」(手動録音)でダイレクト録音をする方法を知りたい。(ウォークマン A/E/Sシリーズ、ZX100)

    Q

    「マニュアル録音」(手動録音)でダイレクト録音をする方法を知りたい。(ウォークマン A/E/Sシリーズ、ZX100)

    • 録音開始と終了を手動で操作して、ウォークマンに直接録音したいです。
    • ダイレクト録音を行うと、曲同士の間のテープノイズを音として感知してしまい、複数の曲が1つの曲にまとまってしまいます。
    • クラシック音楽の録音時、曲中の静かな部分を曲同士の無音部分として感知してしまい、1つの曲が複数の曲に分かれてしまいます。
    • ダイレクト録音の「マニュアル録音」を行う方法を教えてください。
     
    A

    [マニュアル録音]を選択し、手動で録音を開始/停止します。別売の録音用ケーブル(WMC-NWR1)が必要です。

    説明

    ダイレクト録音には「マニュアル録音」と「シンクロ録音」の2つの録音方法があります。
    マニュアル録音では、録音の開始と停止を、手動で操作します。
    不定期に無音部分が入るテレビやラジオ番組の音源の録音など、録音の開始位置と停止位置をご自身で決めて録音したい場合に有効です。

    「シンクロ録音」は録音する音源の無音部分を「曲間」と判断して自動で録音を開始/停止するため、無音部分を感知した時点で別の曲として曲を追加していきます。
    そのため、カセットテープや、無音が長く続くクラシック音楽を録音する場合などは、マニュアル録音がおすすめです。

    参考

    NW-A30/A40/A50シリーズをご使用の場合は、手順が異なります。ヘルプガイドをご参照ください。

    内容

    事前確認

    • ダイレクト録音では、録音用ケーブル「WMC-NWR1」(別売)が必要です。

    • シンクロ録音の操作方法、録音した楽曲の削除方法などについては、以下の関連Q&Aをご参照ください。

      ▼関連Q&A:
      ウォークマンでダイレクト録音(直接録音)をする方法を知りたい。

    • 録音中は充電できません。録音する前にウォークマンを充分に充電してください。

    • Bluetooth接続中は録音できません。

    • 【microSDカード対応ウォークマンの場合】
      microSDカード対応ウォークマンをお使いの場合は、ダイレクト録音するデータの保存先が選択できます。
      保存先メモリーの選択方法は以下をご確認ください。

      • NW-A10/A20シリーズ、NW-ZX100の録音先メモリーの選択手順
        ホームメニューから[SDカード設定]-[使用メモリー選択]-[録音先メモリー選択]を表示して、[本体メモリー]、または[SDカード]を選択してください。

        ※録音後、曲名などの編集をx-アプリで行う場合は、[本体メモリー]を選択してください。
         microSDカードに保存した場合、x-アプリには取り込めませんのでご注意ください。

      • NW-A30/A40シリーズの録音先メモリー選択手順
        設定のアイコン -[設定]-[録音設定]-[保存先メモリー]をタップし、[本体メモリー]、または[SDカード]を選択してください。

    目次に戻る

    操作方法

    録音用ケーブルで接続して、音量を調整します

    ダイレクト録音を行うための準備を行います。
    ウォークマン本体と再生機器を接続し、録音を行う前に再生機器側で音量を調整します。

    操作手順

    1. ウォークマン本体と録音したい音源の再生機器(MDウォークマンなど)を、別売の録音用ケーブル(WMC-NWR1)で接続します。
      また、ウォークマン本体のヘッドホン端子に、付属のヘッドホンを差し込みます。

      接続図

      • 上記は一例です。
    2. ウォークマンのメニュー画面から、ダイレクト録音のアイコンを選択します。

      メニュー画面

    3. [録音]画面が表示されるので、[マニュアル録音]を選択します。

    4. ウォークマンに接続したヘッドホンで音を確認するため、ウォークマン本体の音量(ボリューム)を「10」に設定します。

      • ウォークマン側の音量を変更しても、録音レベル(録音した楽曲の音量)は変わりません。)
    5. 再生機器を操作して、録音したい楽曲を再生します。(まだ録音はされません。)
      手順1.で正しくケーブルが接続されていれば、ウォークマンに接続したヘッドホンから音が聞こえます。
      以下を参考にして、音量を調整します。

      • 音量が小さい場合:
        録音用ケーブルのレベルスイッチを「2」から「1」に切り替えてください。
        「1」に変更しても音量が小さいときは、接続した再生機器側の音量を上げてください。

        レベル切り替えスイッチ

      • 音量が大きい場合:
        録音用ケーブルを再生機器側のLINE-OUT端子に接続しているときは、録音用ケーブルのレベルスイッチを「2」に切り替えてください。(音がひずんでいる、割れている場合も同様です)
        ヘッドホン端子に接続をしているときは、接続した再生機器側の音量を下げてください。

        ▼関連Q&A:
        録音用ケーブルの、LEVEL1・2の違いは何ですか?

    以上で録音の準備は完了です。
    続いてマニュアル録音を行います。次のSTEPに進んでください。

    目次に戻る

    マニュアル録音を開始します

    音量の調整などの準備が整ったら、録音を開始します。
    まず再生機器側で楽曲の再生を開始してから、ウォークマン側で録音を開始します。

    操作手順

    1. 再生機器側を操作して、録音したい部分より少し手前の位置から楽曲を再生します。

    2. 録音を開始したいタイミングになったら、ウォークマンの再生(再生)ボタンを押します。
      [マニュアル録音]画面の[REC]アイコンが赤色で表示され、録音が開始されます。

      • タッチパネル式のウォークマンの場合は、[REC]アイコンをタップしてください。

      マニュアル録音画面

      参考

      お使いのウォークマンによっては、[REC]アイコンが表示されません。
      再生(再生)ボタンを押すと[録音開始]アイコンが[停止]アイコンに変わり、録画が開始されます。

      マニュアル録音画面

    3. 録音を停止したい場所で、ウォークマンの再生(再生)ボタンを押して、録音を停止します。

      • タッチパネル式のウォークマンの場合は、[REC]アイコンをタップしてください。
        シンクロ録音と異なり、マニュアル録音の場合は自動では録音が停止しません。

    以上で、マニュアル録音の手順は完了です。

    ダイレクト録音(マニュアル録音)した楽曲をウォークマンで再生する方法については、以下の関連Q&Aをご参照ください。

    ▼関連Q&A:
    ウォークマンでダイレクト録音(直接録音)した曲を再生する方法を知りたい。

    目次に戻る

     

    参考情報

    録音した楽曲に曲名をつけるなど、タイトルを編集する場合は、ソフトウェア(Music Center for PCやMediaGo、またはx-アプリ)に取り込んで、パソコン上で編集を行ってください。
    x-アプリの場合は、ダイレクト録音した楽曲がコンテンツの一覧に表示されないため、以下の手順で取り込んでください。
    (Music Center for PCやMediaGoはウォークマン内のコンテンツの一覧に表示されます)

    目次に戻る

    目次に戻る