文書番号 : S1202139003284 / 最終更新日 : 2019/10/16

Wi-Fi対応カメラで無線LAN親機(アクセスポイント)が登録できない(サイバーショット)

    Q

    Wi-Fi対応カメラで無線LAN親機(アクセスポイント)が登録できない(サイバーショット)

    • Wi-Fi機能を利用してカメラに無線LANルーターの登録ができない。
    • Wi-Fi機能を利用してカメラにWi-Fiルーターの登録ができない。
    • Wi-Fi機能を利用して無線LANアクセスポイントの接続ができない。
     
    A

    以下の対処方法を確認して改善するかお試しください。

    内容

    事前確認

    • 無線LANの通信方式(通信規格)は、IEEE802.11n / IEEE802.11g / IEEE802.11bに対応しています。
      IEEE 802.11aには対応していません。

      • アクセスポイント(無線LANルーターやWi-Fiルーターなど)の通信方式は、お使いの機器の取扱説明書をご確認いただくか、機器メーカーにお問い合わせください。
    • アクセスポイント(無線LANルーターやWi-Fiルーターなど)の電源が入っていることを確認してください。

    • カメラとアクセスポイント(無線LANルーターやWi-Fiルーターなど)との間に、壁などの障害物や電子機器など周囲の環境により電波の状態が悪くなる(不安定になる)ことがあるため、カメラとアクセスポイントを近づけ、電波の状態が良い状態で接続をおこなってください。

    目次に戻る

    対処方法

    現在おこなっているアクセスポイント登録方法(接続方法)を選択してください。

    対処方法が異なりますので、以下から対象のSTEPに進んでください。

    • [アクセスポイント簡単登録で接続の場合]は、STEP 2 に進みます。
    • [手動登録でSSID(ネットワークネーム) をリストから選択し接続している場合]は STEP 3 に進みます。
    • [SSIDを手動で入力して接続している場合]は、STEP 4 に進みます。

    目次に戻る

    [アクセスポイント簡単登録で接続の場合]

    以下の2点を確認します。

    • アクセスポイント(無線LANルーターやWi-Fiルーターなど)のプッシュボタンがWPS方式に対応しているか確認します。

      プッシュボタンがWPS方式に対応していないと接続できません。また、プッシュボタンがAOSS方式の場合は、対応していないため接続できません。 対応していない場合は、アクセスポイント手動登録をおこなってください。

    • アクセスポイント側のセキュリティ方式がWEPに設定されていないか確認します。

      セキュリティ方式がWEPに設定されているとカメラから簡単登録できません。 アクセスポイント側の設定をWPAもしくはWPA2に変更、またはアクセスポイント手動登録をおこなってください。

    プッシュボタンがWPS方式に対応しているかやセキュリティ方式の確認方法は、お使いの機器の取扱説明書をご確認いただくか、機器メーカーにお問い合わせください。

    [アクセスポイント手動登録]の方法は、以下のページをご覧ください。

    目次に戻る

    [手動登録でSSID(ネットワークネーム) をリストから選択し接続している場合]
    ご注意
    • アクセスポイント側の設定で、「SSIDステルス」または「SSID非通知」などの機能を有効にしている場合、SSIDがネットワークの一覧に表示されないことがあります。

      アクセスポイントのSSIDが一覧に表示されていない場合は、SSIDを手動で入力して登録をお試しください。

      SSIDを手動で入力する方法は、以下のページをご覧ください。 

    • カメラに表示されているSSIDのリストから、登録しようとしているアクセスポイント(無線LANルーターやWi-Fiルーターなど)のSSIDを選択しているか確認します。

    • 登録しようとしているSSIDのパスワード(暗号キー)が正しいか確認します。

    • 通常、IPアドレスの設定は[オート]で接続できますが、以下の項目をアクセスポイント側で設定している場合は、IPアドレスの設定を[マニュアル]で以下の項目を入力します。

      • IPアドレス
      • サブネットマスク
      • デフォルトゲートウェイ
    • SSIDやパスワード、[マニュアル]設定時のIPアドレスやサブネットマスクなどの確認方法は、お使いの機器の取扱説明書をご確認いただくか、機器メーカーにお問い合わせください。

    改善しない場合 STEP 5 に進みます。

    目次に戻る

    [SSIDを手動で入力して接続している場合]
    • 入力したSSIDが、登録しようとしているアクセスポイント(無線LANルーターやWi-Fiルーターなど)のSSIDと同じか確認します。

    • 暗号化方式の選択(WPA/WPE/なし)やパスワード(暗号キー)が正しいか確認します。

    • 通常、IPアドレスの設定は[オート]で接続できますが、以下の項目をアクセスポイント側で設定している場合は、IPアドレスの設定を[マニュアル]で以下の項目を入力します。

      • IPアドレス
      • サブネットマスク
      • デフォルトゲートウェイ
    • SSIDや暗号化方法、パスワード、[マニュアル]設定時のIPアドレスやサブネットマスクなどの確認方法は、お使いの機器の取扱説明書をご確認いただくか、機器メーカーにお問い合わせください。

    改善しない場合 STEP 5 に進みます。

    目次に戻る

    アクセスポイント(無線LANルーターやWi-Fiルーターなど)の MAC アドレス制限を確認します。

    アクセスポイント側でMACアドレスによる接続制限を設定されているため、カメラの接続が拒否されている可能性があります。 アクセスポイント側のMACアドレスによる接続制限を確認し、接続制限が設定されている場合は、カメラのMACアドレスをアクセスポイント側に登録してください。

    • MACアドレスによる接続制限の確認方法は、お使いの機器の取扱説明書をご確認いただくか、機器メーカーにお問い合わせください。

    カメラのMACアドレスは、[MACアドレス表示]で確認することができます。
    MACアドレスの表示方法はカメラの取扱説明書をご覧ください。

    改善しない場合 STEP 6 に進みます。

    目次に戻る

    上記をおこなっても改善しない場合

    すべての対処方法をおこなっても改善しない場合や、操作方法がわからない場合は、以下の窓口までお問い合わせください。
    お問い合わせの際は、このQ&Aの文書番号「S1202139003284」をお伝えいただくとスムーズに対応ができます。

    目次に戻る