文書番号 : S1201249003039 / 最終更新日 : 2019/06/11

PlayMemories HomeでGPSアシストデータを更新する方法

    Q

    PlayMemories HomeでGPSアシストデータを更新する方法

     
    A

    パソコンにインストールしたPlayMemories HomeのGPS サポートツールを使ってカメラのGPSアシストデータを更新します。アクションカムの場合は、Action Cam Movie Creatorでも更新できます

    内容

    説明

    GPSサポートツールはGPS機能が搭載されたソニー製カメラに保存されているGPSアシストデータを更新するツールです。GPSアシストデータを更新すると、GPS測位時間(位置情報を取得するまでの時間)を短縮することができます。

    操作手順

    1. パソコンの電源を入れます。

      パソコンはインターネットに接続されている必要があります。
      PlayMemories Homeをインストールしていない場合は、以下のページからダウンロードしてインストールしてください。

      アクションカムをお使いの場合は、Action Cam Movie CreatorでもGPSアシストデータを更新できます。 Action Cam Movie Creatorはこちらからダウンロードしてインストールしてください。

      PlayMemories Homeが一緒にインストールされます。
    2. GPS機能が搭載された対象のソニー製カメラ、ライブビューリモコンの電源を入れます。

      • HDR-AZ1VRの場合は同梱リモコンRM-LVR2Vの電源を入れてパソコンとUSB接続してください
    3. カメラ、ライブビューリモコンをパソコンにUSB接続します。カメラ、ライブビューリモコンが認識されると、自動的に最新のGPSアシストデータに更新することができます。

      初回接続時は「******をご購入いただきありがとうございます」というダイアログが表示されますので[OK] をクリックしダイアログを閉じてください。この作業によりPlayMemories HomeにGPSサポートツールが追加され、GPSアシストデータを更新する機能が追加されます。

      ご注意

      GPSアシストデータの有効期限は約30日以内です。有効期限が切れると、位置情報を取得するまでの時間を短くすることができません。

      定期的にGPSアシストデータを更新することをおすすめします。

    GPSアシストデータが自動で更新されない場合は、以下をご確認ください。

    • PlayMemories Homeのメニューから[ツール]-[GPSサポートツール]をクリックします。

      GPSサポートツールが表示されない場合は、以下の関連Q&Aをご覧ください。

      ▼関連Q&A:
      PlayMemories HomeにGPSサポートツールを追加する方法

    • Action Cam Movie Creatorの場合は、トップ画面右上の[カメラ設定]-[GPSサポートツール]をクリックします。

    • 「機器の接続時に自動でGPSアシストデータを更新する」にチェックが入っていない場合は、チェックを入れてください。

    [今すぐ更新]をクリックすると、GPSアシストデータを手動で更新することができます。