文書番号 : S1110278037705 / 最終更新日 : 2019/06/27

RAW(ARW)とJPEGの違いを知りたい

    Q

    RAW(ARW)とJPEGの違いを知りたい

     
    A

    RAWは現像処理前を記録したデータで、JPEGは現像処理後の画像ファイルです

    内容

    説明

    デジタルカメラは、映像素子から出てくる信号に、さまざまな処理を加えて画像を生成(現像)し、JPEGとして記録します。
    これに対して、RAWは現像処理前のデータを記録したものです。
    拡張子は「.ARW」で保存されます。

    RAWデータの現像には、無料のパソコン用アプリImaging Edge (Remote/Viewer/Edit)をお使いください。PCリモートにも対応しています。
    Image Data Converterをご利用の場合は、2018年9月をもってダウンロードサービスを終了いたしました。今後は、Imaging Edge(Remote/Viewer/Edit)のご利用をお願いいたします。

    Imaging Edge (Remote/Viewer/Edit)のダウンロードや使いかたについては、以下のページをご覧ください。

    参考

    フェーズワン社のRAW現像ソフトウェア「Capture One Express(for Sony)」を無償で提供しています。高度なRAW画像処理エンジンを採用した画像処理ツールで、高品位で精緻な画像に仕上げられます。

    Capture Oneの購入、使い方、サポート等のすべての質問はPhase One社にお問い合わせください。