文書番号 : S1110278037294 / 最終更新日 : 2016/09/27

フォーマット変換できますか?

    Q

    フォーマット変換できますか?

    A

    対象ソフトウェア

    • SonicStageCP

    詳細


    SonicStageCP では、[マイライブラリ] に保存されている曲のファイル形式を ATRAC 形式に変換したり WAV 形式で保存したりすることができます。
    以下のボタンをクリックすると、詳しい手順が表示されます。

    ご注意
    • [マイライブラリ] の曲を MP3 や WMA、AAC に変換することはできません。
      これらのファイル形式を指定できるのは、CD から [マイライブラリ] に曲を取りこむ際のみです。
    OpenMG (.omg) を
    OpenMG Audio
    (.oma)
    に一括変換する
    ATRAC形式
    に変換する
    WAV形式
    で保存する
    ※ 手順がここに表示されます。
    OpenMG (.omg) を OpenMG Audio (.oma) に一括変換する

    「 ファイル一括変換ツール 」 をお使いください。
    「 ファイル一括変換ツール 」 とは、以前のバージョン (バージョン2.0以前) の SonicStage でパソコンに録音し管理していた 「 OpenMGファイル 」 (.omg) の曲を、現在のバージョンの SonicStage用である 「 OpenMG Audioファイル 」 (.oma) に一括変換するツールです。

    詳しくは、こちらのQ&A をご覧ください。

    ATRAC形式に変換する

    ATRAC 形式に変換する方法は次のとおりです。

    操作をする前のご注意を見る ▼
    !ATRAC 形式に変換できる Windows Media ファイルの種類
    ATRAC 形式に変換できる Windows Media 形式のファイルは、次の条件を満たすものとなります。
    • 16bit、44.1kHz
    • ステレオ
    • 著作権保護処理が無い
    !フォーマット変換をおこなった場合の音質の変化
    ファイル形式やビットレートの変換をおこなうことで、音質は劣化します。また、元の曲より大きなビットレートを選択しても、音質は向上しません。
    なお、変換をおこなった際、音質の変化を感じる度合いは人によって異なります。実際に聞き比べていただき、最適なビットレートを選択してください。
    !Windows Vista をお使いの場合
    Windows Vista で SonicStage をお使いになる際、スピーカーやヘッドホンなどの 「 実際に音が出る機器 」 が接続されていない場合、曲のフォーマット変換が行えない場合があります。
    パソコンにスピーカーやヘッドホンなどを接続した状態で SonicStage をご使用ください (音量を下げたりミュートにするのは問題ありません)。
    !ジャストシステム社製ウイルス対策ソフト「カスペルスキー」について
    ジャストシステム社製ウイルス対策ソフト 「 カスペルスキー Kaspersky Internet Security 6.0 / Kaspersky Anti-Virus 6.0 」 をインストールした後、ATRAC 形式での録音・変換や、音楽配信サイトでの曲の購入がおこなえなくなる場合があります。
    詳しくは、ジャストシステム社のご案内 をご覧ください。
    1. [マイライブラリ] 画面で変換をおこないたい曲を右クリックし、[フォーマット変換] を選択します。
    2. [フォーマット変換] 画面が表示されるので、ファイル形式とビットレートを選択して [変換開始] を選択します。この際、必要に応じて [変換後、著作権保護処理をおこなう] にチェックを付けてください。
    以上で ATRAC 形式へのフォーマット変換は完了です。
    ちょっと一言
    • [ATRAC3] / [ATRAC3plus] とは?
      • [ATRAC3] とは
        「 Adaptive Transform Acoustic Coding3 v の略で、高音質と高圧縮を両立させたオーディオ圧縮技術です。音声データをCDの約10分の1に圧縮できる為、メディア容量の小型化が可能となります。
      • [ATRAC3plus] とは
        「 Adaptive Transform Acoustic Coding3 plus 」 の略で、[ATRAC3] をさらに発展させたオーディオ圧縮技術です。高音質と高圧縮を両立させ、音声データを CD の約 20 分の 1 に圧縮することが可能となります。
    WAV 形式に変換する

    WAV 形式で保存する方法は以下のとおりです。

    操作をする前のご注意を見る ▼
    !WAV 形式に変換できるファイルの種類
    WAV 形式で保存できるファイル形式は [ATRAC3] / [ATRAC3plus] 形式のみとなります。
    !フォーマット変換をおこなった場合の音質の変化
    ファイル形式やビットレートの変換をおこなうことで、音質は劣化します。また、元の曲より大きなビットレートを選択しても、音質は向上しません。
    なお、変換をおこなった際、音質の変化を感じる度合いは人によって異なります。実際に聞き比べていただき、最適なビットレートを選択してください。
    !Windows Vista をお使いの場合
    Windows Vista で SonicStage をお使いになる際、スピーカーやヘッドホンなどの 「 実際に音が出る機器 」 が接続されていない場合、曲のフォーマット変換が行えない場合があります。
    パソコンにスピーカーやヘッドホンなどを接続した状態で SonicStage をご使用ください (音量を下げたりミュートにするのは問題ありません)。
    !ジャストシステム社製ウイルス対策ソフト「カスペルスキー」について
    ジャストシステム社製ウイルス対策ソフト 「 カスペルスキー Kaspersky Internet Security 6.0 / Kaspersky Anti-Virus 6.0 」 をインストールした後、ATRAC 形式での録音・変換や、音楽配信サイトでの曲の購入がおこなえなくなる場合があります。
    詳しくは、ジャストシステム社のご案内 をご覧ください。
    1. [マイライブラリ] 画面で WAV 形式で保存したい楽曲を右クリックし、[WAVで保存する] を選択します。
    2. [フォルダの参照] 画面が表示されるので、変換後の WAV ファイルを保存する場所を選択し、[OK] を選択します。
    以上で WAV 形式での保存は完了です。