文書番号 : S1110278035942 / 最終更新日 : 2019/03/19

本体の設置場所について(熱対策)

対象製品カテゴリー・製品

Q

本体の設置場所について(熱対策)

 
A

以下の説明をご覧ください。

内容

説明

本機の内部温度が上昇しないよう、次の条件を避けてください。
本体が過熱して火災やけが、故障の原因となります。

  • 熱のこもりやすい所
  • 直射日光が当たる所
  • 温度や湿度が高い所
  • 極端に寒い所
  • 風通しの悪い所
  • 毛足の長いじゅうたんや布団の上
  • 密閉された狭い所
  • 通風孔をふさぐような所
  • 布などで包んだり、掛けたりしない
  • ほこりをためない

本機の許容動作温度:5 ~35 ℃