文書番号 : S1110278035773 / 最終更新日 : 2018/02/28

マウントアダプターを使用してAマウントレンズを装着したときは、Eマウントレンズを装着したときと何か違いはありますか? (LA-EA1)

    Q

    マウントアダプターを使用してAマウントレンズを装着したときは、Eマウントレンズを装着したときと何か違いはありますか? (LA-EA1)

     
    A

    自動露出制御(AE)は働きます。 また、Aマウントレンズには手ブレ補正機能がありません。 手ブレに注意して撮影してください。

    内容

    説明

    以下の機能につきましては、専用に設計されたEマウントレンズと異なるため働きません。

    • レンズ交換式デジタル一眼カメラをお使いの場合

      マイフォトスタイル機能(※1)、おまかせオート撮影時の背景ぼかしコントロール機能(※1)は働きません。

    • NEX-3、5、VG10 をお使いの場合

      Aマウントレンズ使用時にオートフォーカスが機能しないため、マニュアルフォーカス(※2)でピント合わせをおこなってください。

      また、ファームウェアをアップグレードしていただくことで、Aマウントレンズ装着時のAF機能を利用することができます。

    • NEX-VG20/VG30/VG900 をお使いの場合

      Aマウントレンズ使用時の動画撮影中は、オートフォーカスが機能しないため、マニュアルフォーカス(※2)でピント合わせをおこなってください。

    ※1 お使いのカメラによっては、搭載していない場合があります。

    ※2 SAMレンズをお使いの場合は、必ずレンズのフォーカスモードスイッチをMF(マニュアルフォーカス)に切り換えてからピント合わせをおこなってください。

    ファームウェアアップグレードのご案内

    下記の機種をお使いの方へ、ファームウェアアップグレードをご案内しています。

    カメラ本体と、マウントアダプター(LA-EA1)のファームウェアをアップグレードしていただくことで、Aマウントレンズ装着時のAF機能を利用して撮影することができます。

    また、動画撮影中にシャッターボタンを半押しすることで、[オートフォーカスモード] の [AF-S(シングル)] と同じ動作がおこなわれ、ピントが合いやすくなります。

    下記の機種をお使いの方へ、ファームウェアアップグレードをご案内しています。

    マウントアダプター LA-EA1

    カメラに取り付けた状態でカメラの [バージョン表示] が、レンズ/マウントアダプター:Ver.01 の方が対象です。

    ファームウェアのアップグレードについて、詳しくは マウントアダプター「LA-EA1」をご愛用のお客様へ をご覧ください。

    目次に戻る

    レンズ交換式デジタル一眼カメラ NEX-3、5

    カメラの [バージョン表示] が、ボディー:Ver.01、02 の方が対象です

    ファームウェアのアップグレードについて、詳しくは デジタル一眼カメラ「NEX-3」、「NEX-5」をご愛用のお客様へ をご覧ください。

    目次に戻る

    レンズ交換式デジタルビデオカメラ NEX-VG10

    カメラの [バージョン表示] が、ボディー:Ver.01 の方が対象です。

    ファームウェアのアップグレードについて、詳しくは レンズ交換式デジタルHDビデオカメラレコーダー「NEX-VG10」をご愛用のお客様へ をご覧ください。

    目次に戻る

    Aマウントレンズ装着時にAF機能をお使いになる際のご注意
    • SAM、SSMレンズのみ対応。

    • 動画撮影中のAFは常時働きません。シャッターボタンを半押ししたときのみ可能です。

    • Aマウントレンズ使用時はAF補助光は発光しません。

    • 動画撮影時にオートフォーカスが働くと、カメラやレンズの作動音が記録されます。

      作動音が気になる場合は、SSM(超音波モーター)レンズを使用することで作動音が軽減されます。

      それでも作動音が気になる場合は以下の方法で音声の記録状態を [切] に設定してください。

      • [MENU(メニュー)] → [セットアップ] → [動画音声記録] → [切]

      また、マイク端子を搭載しているカメラをお使いの場合は、3.5mm径のミニプラグ付き外部マイクをカメラのマイク端子に接続し、マイクをレンズからできるだけ離れた位置に設置して撮影することで作動音が軽減されます。

      マルチインターフェースシュー搭載のカメラの場合、別売のXLRアダプタ「XLR-K1M」と対応するマイクを使用することでも低減することができます。

    目次に戻る