文書番号 : S1110278035385 / 最終更新日 : 2016/09/27

メモリースティック の「誤消去防止スイッチ」をご使用になる際のご注意

    Q

    メモリースティック の「誤消去防止スイッチ」をご使用になる際のご注意

    A

    メモリースティック の「誤消去防止スイッチ」をLOCK状態で、メモリースティック アダプターで使用している場合、メモリースティック 内のファイルを消去、編集を行うと、エラーメッセージが出たり、パソコンの動作が不安定になる場合があります。
    メモリースティック のファイルを消去、編集する場合は、「誤消去防止スイッチ」のLOCKを解除して行ってください。

    メモリースティック の「誤消去防止スイッチ」をLOCK状態で、メモリースティック アダプターに挿入しパソコンで使用している場合、パソコンをスタンバイ、または休止状態から復帰させた後、メモリースティック にアクセスすると、まれに「ドライブにアクセスできません。デバイスの準備ができていません。」とエラーメッセージが出る場合があります。
    その場合は、メモリースティック アダプターから メモリースティック を取り出した後、パソコンから メモリースティック アダプターを取り外した状態で、パソコンの再起動をしてください。パソコンの再起動後、メモリースティック アダプターをパソコンに接続してください。

    ■ メモリーセレクト機能付きの メモリースティック 「MSH-128S2」、「MSA-128S2」をご使用の場合
     メモリースティック の「誤消去防止スイッチ」のLOCKは、メモリー切り替えスイッチで選択されているメモリーに対してのみ有効です。
     誤消去防止したいメモリーが選択されているときに、メモリースティック の「誤消去防止スイッチ」をLOCKの方向へ動かして使用してください。