文書番号 : S1110278034944 / 最終更新日 : 2016/09/27

カメラ本体に砂やほこりが付いたときのお手入れ方法はどうすれば良いですか? (DSC-TF1、DSC-TX10、DSC-TX20、DSC-TX30、DSC-TX300V、DSC-TX5)

    Q

    カメラ本体に砂やほこりが付いたときのお手入れ方法はどうすれば良いですか? (DSC-TF1、DSC-TX10、DSC-TX20、DSC-TX30、DSC-TX300V、DSC-TX5)

    A

    砂、髪の毛、ほこりなどの異物をバッテリー/メモリーカードカバー、端子カバーに挟み込むと浸水の原因につながる可能性があります。
    また、レンズカバーのすきまに砂が入った場合は、レンズやカメラ本体に傷が付く可能性があります。
    無理に開閉せず、必ずお手入れをおこなってください。

    ■お手入れ方法

    使用後は、バッテリー/メモリーカードカバー、端子カバーを開ける前60分以内に必ず水洗いし、浅い容器にためた真水に5分程度つけ置きしてから、水の中でカメラを軽く揺すったり各ボタンやズームレバー、レンズカバーなどを動かして、すきまに入った塩や砂等を洗い流してください。

    • 水洗いの際、石鹸や洗剤を使わないでください。

    • 洗ったあと、柔らかい布で水滴を拭き取り、風通しの良い日陰で充分に乾かしてください。
      ドライヤーの熱風で乾燥させると、変形により、防水性能が劣化する恐れがあるためおこなわないでください。

    • 水につけた後は、しばらく乾いた布の上にカメラを立てて置き、すきまに入った水を抜いてください。

    • 防水パッキンや防水パッキンの当たる面にゴミや砂が付いているときは、繊維の残らないやわらかい布等で拭き取ってください。
      浸水の原因となるため、拭き取り時にティッシュペーパーや紙類は使用しないでください。
      また、傷が付くと防水性能が劣化しますので、先の尖ったものは使わないでください。