文書番号 : S1110278034144 / 最終更新日 : 2019/03/15

撮影した画像に丸い斑点のようなものが記録されてしまう(サイバーショット)

対象製品カテゴリー・製品

Q

撮影した画像にホコリのようなものが写り込んだり、丸い斑点のようなものが記録されてしまう(サイバーショット)

  • 撮影をすると、動画や静止画にぼんやりとした丸い斑点のようなものが写り込んでしまいます。
  • 特にフラッシュを使用した場合に発生します。
  • レンズに付いたホコリをクリーニングしたいです。
  • センサーに付着したゴミを取り除く方法はありますか。
 
A

フラッシュなどの強い光でホコリなどが写りこむ場合がありますが、レンズをクリーニングしても常に写り込んでしまう場合は、本体の点検をご相談ください

説明

空気中に散乱しているホコリなどがフラッシュの強い光に反射すると写り込む場合があります。

被写体に斑点が写り込む原理と被写体に斑点が写り込んだ例

内容

対処方法

フラッシュ撮影時に斑点が写り込んだ場合

フラッシュを発光禁止にして撮影してください。室内などで十分な露出(明るさ)が得られない場合は、[MENU]-[撮影設定(撮影設定)]-[ISO感度]の数値(推奨露光指数)を上げて撮影することをおすすめします。
また、撮影モードがおまかせオート、プレミアムおまかせオート、シーンセクション、スイングパノラマなどを選択している場合は、ISO感度が[AUTO]に設定されるため、撮影モードをA(絞り優先)やM(マニュアル露出)にしてからISO感度の設定してください。
フラッシュを使用しない撮影は手ブレが発生しやすくなるため、三脚を使用するか、カメラ本体を十分に固定して撮影してください。

常にホコリやゴミが写り込んでしまう場合

レンズに汚れが付着している場合は、レンズのクリーニングをすることで改善する場合があります。
以下のWebページを参考にして、レンズのクリーニングをおためしください。

レンズをクリーニングしても常にホコリやゴミが写りこんでしまう場合

イメージセンサーまたはレンズ内部にゴミやホコリが混入しているか、本体が故障している可能性があります。
お買い上げの販売店あるいは以下のページより、点検をご相談ください。

点検をされる場合は、お使いのカメラ本体と、付属品一式をご用意ください。
(バッテリー、バッテリーチャージャー(充電器)、USBケーブル、ACアダプターなど)