文書番号 : S1110278033720 / 最終更新日 : 2016/09/27

録音モードの種類を教えてください。(PCM-M10)

    Q

    録音モードの種類を教えてください。

    A

    録音モードはサンプリング周波数と量子化ビット数で表されます。

    <LPCM ( リニアPCM ) モード>
    22.05kHz 16bit
    44.10kHz 16bit - 初期設定
    44.10kHz 24bit
    48.00kHz 16bit
    48.00kHz 24bit
    96.00kHz 16bit
    96.00kHz 24bit
     

    <MP3モード>
    44.10kHz/64kbps
    44.10kHz/128kbps
    44.10kHz/320kbps

    サンプリング周波数とは、アナログ信号からデジタル信号への変換(A/D変換)を1秒間に何回行うかを表す数値です。数値が高いほど音質は向上し、データ量が増えます。44.10kHzでCD相当、48.00kHzでDAT相当、96.00kHzでDVD Audio相当の音質が得られます。

    量子化ビット数とは、1秒間の音声に与えるデータ容量を表す数値です。数値が高いほど多くのデータ容量が与えられ、音質が向上します。