文書番号 : S1110278031549 / 最終更新日 : 2016/09/27

会議や楽器の演奏をクリアに録音できますか?(ICD-SX800、ICD-SX900)

    Q

    会議や楽器の演奏をクリアに録音できますか?

    A

    スタンド 取り付けイメージ 付属の 「 専用スタンド 」 を使うと、机などの振動が本体に伝わるのを低減し、録音時のノイズを抑えます。

    また、録りたい音を狙って角度をつけられるので、よりマイクの性能を生かした録音が可能です。

    本機を付属のスタンドを使って三脚 (別売) に取り付けると、本機や内蔵マイクの角度をより正確に調節できます。 さらに、「 専用スタンド 」 の "三脚穴"*1と三脚 (別売) とを組み合わせれば、設置位置を自由に調整できるので、楽器を弾く手元に合わせて最適な位置にマイクを設置できます。

    *1 三脚穴
    三脚ネジの規格が合うものであれば、カメラ用などとして市販されている三脚をご使用いただけます。
    三脚取り付け用の穴は、1/4-20UNC (直径1/4インチ、ピッチは1インチあたり20山) に対応しています。
    ちょっと一言
    • 本機は、CDと同等の高音質で録音できる 「 リニアPCM 」 に対応しています。
      周波数範囲 : 50 - 20,000Hz の広帯域に対応した録音ができます。
    • 以下の設定により、いろいろな録音環境に対応できます。
      • 録音モードをマニュアル録音に設定すると、大きな音は大きく、小さな音は小さく、抑揚のある録音ができます。
      • [LIMITER] を [ON] に設定すると、突発的に大きな音の入力があった場合に音歪みを防ぎます。
        ([録音レベル] が [マニュアル] に設定されているときに有効です。)