文書番号 : S1110278028159 / 最終更新日 : 2016/09/27

本機で再生できるディスクの種類は?

    Q

    本機で再生できるディスクの種類は?

    A

    本機で再生できるディスクの種類は、以下のとおりです。

    本機で再生できるディスクの種類
    ディスクの種類
    市販のDVD DVDロゴ
    DVD-RW/-R/-R DL DVD-RW/-Rロゴ
    DVD+RW/+R/+R DL DVD+RW/+R/+R DLロゴ
    ビデオ用CD/音楽用CD CDロゴ
    CD-RW/-R CD-RW/-Rロゴ


    【CD/DVDについてのご注意】

    本機は以下のフォーマットで記録したCD-ROM/CD-R/CD-RWを再生できます。
    • 音楽用フォーマット
    • ビデオCDフォーマット
    • ISO9660*レベル1/レベル2/Joliet準拠のCDに記録されたMP3音声トラックとJPEG画像ファイル
    • KODAK Picture CD(コダックピクチャーCD)
    * 国際標準化機構(ISO)が制定したCD-ROMの論理フォーマット


    本機は以下のフォーマットで記録したDVD-ROM/DVD+RW/DVD-RW/DVD+R/DVD+R DL/DVD-R/DVD-R DLを再生できます。
    • UDF(ユニバーサルディスクフォーマット)準拠のDVDに記録されたMP3音声トラックとJPEG画像ファイル
    • ビデオモード
    • +VRモード (DVD+RW/DVD+R/DVD+R DLのみ)
    • VRモード (DVD-RW/DVD-R/DVD-R DLのみ)


    【再生できないディスクについて】

    本機では次のディスクなどを再生することはできません。
    • このページで記載のフォーマット以外で記録したCD-ROM/CD-R/CD-RW
    • フォトCDフォーマットで記録したCD-ROM
    • CD-EXTRAのデータ部分
    • DVDオーディオ
    • スーパーオーディオCDのHD(ハイデンシティ)レイヤー
    • BD
    • HD DVD
    • AVCHD対応DVDカムコーダーで録画したディスク


    次のようなディスクも再生できません。
    • 本機では対応しない地域番号(リージョンコード)の市販DVD
    • NTSC以外のカラーテレビ方式(PAL、SECAM)対応のディスク(本機がNTSCカラーテレビ方式対応のため)
    • 円形以外の特殊な形状(カード型、ハート型など)をしたディスク
    • 紙やシールの貼られたディスク
    • セロハンテープやレンタルディスクのラベルなどの糊がはみ出したり、はがした痕のあるディスク


    ご注意
    • DVD+RW/DVD+R/DVD+R DL、DVD-RW/DVD-R/DVD-R DL、またはCD-RW/CD-R再生時の注意
      • DVD+RW/DVD+R/DVD+R DL、DVD-RW/DVD-R/DVD-R DL、またはCD-RW/CD-Rドライブで記録されたディスクには傷や汚れ、また記録状態や記録機、CD/DVD書き込みソフトの特性が原因で再生できないものがあります。 全ての記録終了時に終了情報を記録するファイナライズ作業をしていないディスクは再生できません。 DVD+RW/DVD+R/DVD+R DLによっては、適切にファイナライズ作業がされていても本機のいくつかの再生機能が使えないことがあります。 その場合には、ノーマル再生でご覧ください。 また、パケットライト方式で作成されたデータCD/データDVDには、再生できないものがあります。
    • CD再生時のご注意
      • 本製品は、コンパクトディスク(CD)規格に準拠した音楽ディスクの再生を前提として、設計されています。 いくつかのレコード会社より著作権保護を目的とした技術が搭載された音楽ディスクが販売されていますが、これらの中にはCD規格に準拠していないものがあり、本製品で再生できない場合があります。
    • DualDiscについてのご注意
      • DualDiscとはDVD規格に準拠した面と、音楽専用面と組み合わせた新しい両面ディスクです。 なお、この音楽専用面(CD)規格には準拠していないため、本製品での再生は保証いたしません。