文書番号 : S1110278024320 / 最終更新日 : 2016/12/04

エラーコード C:□□:□□ と表示される。どういう意味ですか? 対処方法はありますか? (表示□の数字は本機の状態によって変わります。)

    Q

    エラーコード C:□□:□□ と表示される。どういう意味ですか? 対処方法はありますか? (表示□の数字は本機の状態によって変わります。)

    A

    エラーコードの意味、対処方法は以下のとおりです。
    表示 □ の数字は本機の状態によって変わりますが、まずは対処方法をお試しください。

    2、3回繰り返しても正常に戻らない場合や、お客様自身で対応できない状態の場合は、修理依頼が必要となります。

    エラーコード
    C:04:□□
    と表示される。
    • インフォリチウム以外のバッテリーを使用したときに出るエラーです。
      インフォリチウムバッテリーを使用しても正常に戻らない場合は、修理依頼が必要となります。
    エラーコード
    C:21:□□
    と表示される。
    • 結露しています。
    • カセットテープを取り出して、電源を切り、フロントパネルを開けたまま約1時間放置してください。
      再度電源を入れ、お知らせメッセージや警告表示が出ないことを確認後、カセットテープを入れてください。
      ビデオ操作ボタンを押しても警告表示がでなければ、お使いいただけます。
    • 正常に戻らない場合は修理依頼が必要となります。
    エラーコード
    C:22:□□
    と表示される。
    • ビデオヘッドが汚れています。
    • クリーニングカセットできれいにしてみてください。
    • 正常に戻らない場合は修理依頼が必要となります。
    エラーコード
    C:31:□□
    エラーコード
    C:32:□□
    と表示される。
    • 異常を未然に防ぐために自己診断機能が働いた時のエラーコードです。
    • カセットテープを取り出して、別のテストテープを入れてみてください。
      ただし、本機が結露気味のときは、この操作をしないでください。
    • 電源をいったん取り外し、取り付けなおしてからもう1度操作し直してみてください。
    • 上記操作を行っても正常に戻らない場合は修理依頼が必要となります。
    * 表示 □ の数字は本機の状態によって変わります。

    修理依頼方法はこちらから