文書番号 : S1110278021222 / 最終更新日 : 2018/02/28

アンテナ接続に使う 「 分配器 」 や 「 分波器 」 の違いや特長を教えてください。

対象製品カテゴリー・製品

Q

アンテナ接続に使う 「 分配器 」 や 「 分波器 」 の違いや特長を教えてください。

 
 
A

「分配器」は入力された信号を分けるための、「 分波器 」 は入力された信号を 「 地デジ 」 と 「 BS/CS 」 に分けるための機器です。詳しくは、以下をご覧ください

内容

説明

分配器と分波器の違い

分配器とは…

  • 入力された信号を、分配するための機器です。
    ただし、分配数が多くなると、出力信号が弱くなります。

分波器とは…

  • 入力された信号を「地上デジタル放送」と「BS/110度CSデジタル放送」とに分ける機器です。
    分波しても、出力信号はあまり弱くなりません。

目次に戻る

分配器/分波器はデジタル放送対応の製品をおすすめします
  • デジタル放送に対応していない (古い) 分配器 / 分波器で、デジタルチューナー内蔵のテレビやレコーダーなどとアンテナ線を接続していると、地デジやBS/CSデジタルを正常に受信できない場合があります。

  • 新しく分配器 / 分波器を購入する場合、(現在デジタルチューナー内蔵の機器をお持ちでない場合でも) デジタル放送対応の製品をお選びください。

    デジタル放送には、CS BS 表記のあるものを使用

  • 110度CSデジタル放送を受信するためには、受信環境によっては分配器が110度CS帯域 (2150MHz) まで対応している必要があります。 詳しくは、販売店などでご相談ください。

目次に戻る

分配器は 「 全通電型 」 をおすすめします
  • 「 全通電型 」 の分配器とは、分配器のどの端子からでも接続した機器からBS/CSアンテナへ電源を供給することができるタイプです。 新しく分配器をご購入される場合は、全通電型をおすすめします。

  • 全通電型ではない分配器を使用した場合のご注意

    通電していない側の端子に、「 電源供給を必要とする 」 BS/CSのアンテナと接続した場合、正常に受信できない可能性があります。
    戸建て住宅などBS/CSアンテナの電源供給が必要な受信環境では、パッケージや製品本体に 「 全通電型 」 と表記されたもの、または通電状態がわかりやすく表記された製品をおすすめします。

    全通電型ではない分配器を使用した場合の注意

目次に戻る

接続する場所を間違えないようご注意ください
  • 分配器と分波器は、使われる目的がちがいます。
    そのため、以下のような接続で、分配器と分波器の接続位置を間違えると、受信できない場合があります。

    分配器と分波器の接続場所を間違えないようにご注意ください

  • 様々なタイプの分配器/分波器が販売されていますが、形やデザインが似ているものが多いため、誤って逆に取り付けてしまわないよう、表記をよく確かめてから接続してください。

  • 分配器で分配する数が多すぎると信号が弱くなり、正しく受信できない・放送を視聴できない原因となります。 不要な分配器があれば外して、接続し直してください。

目次に戻る

 

参考情報

  • 信号が弱い場合は、増幅器 (ブースター) を取り付けて強くする方法がありますが、信号にノイズ成分があればそのノイズも増幅されます。増幅器はむやみに取り付けは行わず、お近くの電気店にご相談いただき、信号強度を測ってからご使用ください。

  • 分波器は混合器としても使うことができる場合があります。 詳しくは、分波器の取扱説明書をご覧ください。
  • 下図のようにアンテナケーブルが一体になったタイプで接続すると、使用するアンテナケーブル本数を少なく済ませることができます。

    アンテナケーブルとの一体型のイメージ

  • ソニー製 分配器は、以下のページをご覧ください。

    EAC-DSD12 (ソニー製品情報)

    ソニー製分配器 EAC-DSD12

    接続例のイメージ

    分配器接続の接続イメージ

  • ソニー製 分波器は、以下のページをご覧ください。

    EAC-DSSM2 (ソニー製品情報)

    ソニー製分波器 EAC-DSSM2

    接続例のイメージ

    ソニー製分波器 EAC-DSSM2

目次に戻る

ご注意

テレビの配線を見直したときは、チャンネルスキャン (チャンネルの初期設定) を必ずおこなってください。

 

ご覧いただき、ありがとうございました。

そのほかにもブラビアをお使いの際に、気になることや困ったことがありましたら、是非サポートページをご活用ください。

目次に戻る