文書番号 : S1110278018884 / 最終更新日 : 2018/02/28

他機で作成したDVDのタイトルを、本機のHDDにダビングできません。

    Q

    他機で作成したDVDのタイトルを、本機のHDDにダビングできません。

    A

    本機以外のDVD機器 (ハードディスクレコーダーやDVDドライブを搭載したパソコンなど) で作成したDVDディスクのタイトルは、正しい手順をおこなってもダビングできない場合があります。

    !正しい手順にもとづいてダビングができるかをお試しください

    DVDからHDDにダビングする詳しい手順については、こちらのQ&A をご確認ください。
    正しい手順をおこなってもダビングできない場合は、以下をご確認ください。


    !DVDディスクに問題がないかご確認ください

    本機または他機器にかかわらず、DVDディスクからHDDにダビングできない一般的な原因として、以下のようなことが考えられます。
    • コピー防止信号などによる制限
      市販やレンタルなどのDVDビデオや、デジタル放送の「1回だけ録画可能 」のコピー制御信号が含まれている映像を録画したDVDディスクなどは、制限によりダビングできません。
      • 参考-1 : DVDビデオをダビングしようとしたとき
        「ダビングできないディスクが入っています / ダビングできるディスクを入れてください。」と表示されます。
        DVD→HDDダビング不可
      • 参考-2 : デジタル放送の「1回だけ録画可能 」のコピー制御信号が含まれているタイトルをダビングしようとしたとき
        本機で [ DVD→HDDダビング (DVD→HDDダビング)] の操作をおこなう際、コピー制御信号が含まれているタイトルは、コピー信号の含まれないタイトルと同じように一覧に表示されますが、本機のHDDにコピーは作成されません。

    • DVDディスク自体の問題
      本機との互換性、録画時の書き込み失敗、保管中の物理的な破損など、DVDディスク自体の原因により、正しくダビングできない場合があります。

      • ダビング元になるDVDディスクの状態、タイトルは正常かご確認ください。
        • DVDディスクに汚れや傷がないかご確認ください。
          ※ 汚れは、クリーナーなどできれいに掃除してください。
          ※ 傷がある場合、傷周辺に汚れやほこりがついていたらきれいに掃除してください。
        • 本機で、タイトルの全編が正常に再生されるかご確認ください。
          ※ 早送り再生では、早送り処理のときに異常フレームが飛ばされてしまうと異常を見落とす可能性があるため、通常速度で確認してください。
          ※ 冒頭からの再生に問題がなくても、異常なデータが含まれる一部のシーンで再生できない場合もあります。
        • 正常に再生されてもダビングができない場合は、別のディスクに入れ換えて、ダビングができるかご確認ください。

      • ダビング先のDVDディスクの状態は正常かご確認ください。
        • 別の新しいディスクに入れ換えてご確認ください。
          ※ 新品のディスクでも、メディア不良や本機との互換に問題があれば、正しくダビングできない可能性があります。



    ちょっと一言 style=
    本機のみでダビングができないタイトルは、外部接続した再生機器 (本機以外のDVDプレーヤーなど) からダビングできる場合があります。

    接続方法に関して詳しくは、接続ガイド の 「他機器との接続」 をご覧ください。
    接続ガイド

    接続した他機器の映像を録画する方法については、こちらのQ&A をご確認ください。

    <ご注意>
    • まったく同じ画質でのダビングはできません。
      ダビング元の映像と比較し、程度の差はありますが劣化します。
    • コピー防止信号のある映像はダビングできません。
    • 高速ダビングはできません。すべて等速のダビングになります。
    PAGE TOP