文書番号 : S1110278018598 / 最終更新日 : 2018/02/28

CD を作成したい。

    Q

    CD を作成したい。

    A

    対象ソフトウェア

    • SonicStageCP

    詳細


    [マイライブラリ] 内の曲から、オリジナルの CD を作成することができます。

    CD の作成には 650MB か 700MB の 「 CD-R/CD-RW 」 または 「 音楽用 CD-R/CD-RW」 が使用できます。 ご注意
    • お使いのパソコンに CD-R/CD-RW に書き込み可能なドライブが搭載されていない場合、CD の作成は行えません。
    ■ CD を作成する方法

    SonicStage で各種 CD を作成する方法については、下記をご覧ください。

    音楽 CDを作成する方法
    音楽 CD を作成する方法については、こちらのページ をご覧ください。
    ※ 「 音楽 CD 」 とは、市販の CD と同じように通常の CD プレイヤーで再生できる、一般的な CD です。
    ATRAC CD を作成する方法
    ATRAC CD を作成する方法については、こちらのページ をご覧ください。
    ※ 「ATRAC CD」とは、市販の CD とは違い、「 ATRAC 形式 」 で圧縮された音楽データを書き込んだ CD です。
    書き込む音楽データが圧縮されているため、通常の音楽 CD よりも収録時間の長い CD が作成できます。
    圧縮されたデータ形式で記録されているため、「 ATRAC CD 」 に対応した機器で無いと再生できません。
    なお、SonicStage は 「 ATRAC CD 」 の再生や曲の取り込みに対応しておりません。
    MP3 CD を作成する方法
    MP3 CD を作成する方法については、こちらのページ をご覧ください。
    ※ 「MP3 CD」とは、「 ATRAC CD 」と同じく、圧縮された音楽データを書き込んだ CD です。
    音楽ファイルは 「 MP3 形式 」 で圧縮されており、通常の音楽 CD よりも収録時間の長い CD が作成できます。
    圧縮されたデータ形式で記録されているため、「 MP3 CD 」 に対応した機器でないと再生できません。
    なお、SonicStage は 「 MP3 CD 」 の再生や曲の取り込みに対応しておりません。
    ちょっと一言
    • 「 音楽 CD 」 「 ATRAC CD 」 「 MP3 CD 」 を混在させた CD を作成することはできません。
      1 枚の CD につき、1 つの形式で作成されます。
    PAGE TOP
    ■ CD を作成する際の設定とご注意

    CD 作成形式別の項目を選択してください。

    音楽 CD
    ATRAC CD
    MP3 CD
    音楽 CD
    CD 作成に使用できる曲
    [マイライブラリ] に保存されている曲のうち、著作権保護により CD 作成に制限が設けられている曲を除いたすべての曲から CD を作成できます。
    表示できる文字数
    音楽 CD 作成時に表示できる文字数は、[タイトル] [アルバム名] [アーティスト名] について、全角文字で各 127 文字です。半角文字は使用できません。

    CD 内の全曲の文字数の合計が 1500 字以内である必要があります。
    曲の追加について
    1 度作成した CD に、曲を追加することはできません。
    CD 作成時、曲ごとに音量の差が出ないよう調整 (ノーマライズ) することができます
    ノーマライズの方法は以下のとおりです。
    1. SonicStage 画面で [ツール] - [設定] を選択します。
    2. [設定] 画面から [CD 作成] - [音楽 CD] を選択し、[書き込み設定] を選択します。
    3. [書き込み設定] 画面で [曲のノーマライズを行う] にチェックを付け、[OK] を選択します。
      以上でノーマライズ設定は完了です。
    CD-RW で作成した CD の編集について
    SonicStage では CD-RW を CD-R と同様に扱います。そのため、1 度 CD-RW に書き込んだ曲のタイトルなどを編集したり、特定の曲の削除や並び替えをおこなうことはできません。
    指定できる書き込み速度について
    SonicStage で指定できる書き込み速度は、ご使用のメディアの種類やドライブの接続方法 (iLINK や USB など) によって変化します。そのため、ドライブに記載されている最大書き込み速度を指定できない場合があります。
    ATRAC CD
    CD 作成に使用できる曲
    [マイライブラリ] に保存されている曲の内、著作権保護により CD 作成に制限が設けられている曲を除いたすべての曲から CD を作成できます。

    ATRAC 形式以外の曲を ATRAC CD に含める場合、自動的に ATRAC 形式に変換されて CD に収録されます。
    表示できる文字数
    音楽 CD 作成時に表示できる文字数は、[タイトル] [アルバム名] [アーティスト名] について、全角/半角で各 62 文字です。
    曲の追加について
    CD を作成したパソコンと同じパソコンからであれば、曲を追加することができます。
    SonicStage 以外のプログラムで ATRAC CD を編集した場合、曲の追加ができなくなる場合があります。
    1 度の書き込みで約 14MB のデータ領域を作成しますので、書き込みに必要な容量は追記する曲の量よりも大きくなります。
    CD-RW で作成した CD の編集について
    SonicStage では CD-RW を CD-R と同様に扱います。そのため、1 度 CD-RW に書き込んだ曲のタイトルなどを編集したり、特定の曲の削除や並び替えをおこなうことはできません。
    指定できる書き込み速度について
    SonicStage で指定できる書き込み速度は、ご使用のメディアの種類やドライブの接続方法 (iLINK や USB など) によって変化します。そのため、ドライブに記載されている最大書き込み速度を指定できない場合があります。
    MP3 CD
    CD 作成に使用できる曲
    [マイライブラリ] に保存されている曲の内、MP3 形式で保存された曲から CD を作成できます。MP3 形式以外の曲を MP3 CD に収録することはできません。
    表示できる文字数
    音楽 CD 作成時に表示できる文字数は、[タイトル] が全角/半角で 60 文字、[グループ名] [ディスク名] について、全角/半角で各 64 文字です。

    ディスク名に半角カタカナまたは全角文字を入力すると、正常に表示されない場合があります。
    曲の追加について
    1 度作成した CD に曲を追加することができます。

    1 度の書き込みで約 14MBのデータ領域を作成しますので、書き込みに必要な容量は追記する曲の量よりも大きくなります。
    CD-RW で作成した CD の編集について
    SonicStage では CD-RW を CD-R と同様に扱います。そのため、1 度 CD-RW に書き込んだ曲のタイトルなどを編集したり、特定の曲の削除や並び替えをおこなうことはできません。
    指定できる書き込み速度について
    SonicStage で指定できる書き込み速度は、ご使用のメディアの種類やドライブの接続方法 (iLINK や USB など) によって変化します。そのため、ドライブに記載されている最大書き込み速度を指定できない場合があります。
    PAGE TOP
    ■ CD が作成できない場合の確認事項

    SonicStage で CD が作成できない場合、次の項目をご確認ください。

    • 「 イメージ作成中にエラーが起こりました 」 と表示され、CD が作成できない
      解説を見る ▼
      ハードディスクの空き領域が充分でない場合上記のメッセージが表示され、CD が作成できません。
      SonicStage が CD にデータを書き込む際、一時的な作業領域としてハードディスクの一部を使用するためです。

      次の項目をご確認いただき、改善するかお試しください。
      • 一時ファイルの保存先の空き領域を増やす

        インストー去桙フ設定では [ローカルディスク:C] の一部に作業用の一時ファイルを作成するため、[ローカルディスク:C] から不要なファイルを削除し、空き領域を確保してください (推奨 1.5GB)。
      • 一時ファイル保存先を、別の場所に移す

        [ローカルディスク:C] の空き領域を確保できない場合や、充分な空き領域を確保しても上記のメッセージが表示される場合、一時ファイルの保存先を変更してお試しください。
        一時ファイルの保存先の変更方法は、次のとおりです。
        1. SonicStage の画面で [ツール] - [設定] を選択します。
        2. [設定] 画面から [CD 作成] - [一時ファイルの保存先] を選択し、[参照] を選択します。
        3. [フォルダの参照] 画面が表示されるので、任意のフォルダを選び [OK] を選択します。
          このとき、ドライブのルートフォルダ ([C:] や [D:] など、ドライブの1番上に当たる階層) を指定しないでください。
          新しい保存先フォルダを作成する場合、フォルダを作成したい場所で [新しいフォルダの作成] を選択してください。
          以上で一時ファイルの保存先の変更は完了です。
          保存先を初期設定に戻すには、手順.2 の画面で [初期設定に戻す] を選択してください。
      上記をお試しいただいても改善しない場合は、こちらのフローチャート をご確認ください。
    • 「 書き込み可能なディスクを挿入してください 」 と表示され、CD が作成できない
      解説を見る ▼
      音楽 CD の再生が行えるか、あるいは CD-ROM などが読み取れるかをご確認ください。
      CD の再生や CD-ROM の読み取りが行えない場合、CD-ROM ドライブに問題がある可能性があります。
      お使いのパソコンや CD-ROM ドライブのメーカーにご相談ください。

      上記の確認で問題が無い場合、ご使用のメディアに合わせ、下記の項目を確認してください。
      • CD-R をお使いの場合
        新しいディスクで CD 作成をお試しください。
      • CD-RW をお使いの場合
        CD-RW の初期化をおこない、CD 作成をお試しください。
        CD-RW 初期化の方法については、こちらのページ をご覧ください。
      上記をお試しいただいても改善しない場合は、こちらのフローチャート をご確認ください。
    • 「 次の曲は音楽 CD 作成の残り回数がないため、音楽 CD の作成には使用できません 」 と表示され、CD が作成できない
      解説を見る ▼
      選択した曲の [残り音楽 CD 作成回数] が 0 回の場合、上記のメッセージが表示され CD が作成できません。
      mora で購入した曲などには、音楽 CD を作成できる回数や機器に転送できる回数などが設定されており、許可された回数を超えて音楽 CD を作成したり機器に転送することはできません。

      [残り音楽 CD 作成回数] は次の方法で確認できます。
      1. [マイライブラリ] 画面で [残り音楽 CD 作成回数] を確認したい曲を右クリックし、[プロパティ] を選択します。
      2. [曲のプロパティ] 画面で [権利情報/付加情報] タブを開き、[残り音楽 CD 作成回数] を確認します。
    • Windows Vista をお使いの場合
      解説を見る ▼
      スリープや休止状態に移行してから復帰すると、SonicStage の動作が正常に行われない
      Windows Vista がスリープや休止状態に移行してから復帰すると、SonicStage の動作が正常に行われない場合があります。
      SonicStage をお使いになる際は、スリープや休止状態に移行しないようにしてください。
      SonicStage の動作が正常に動作が行えなくなった場合は、SonicStage を 1 度終了し再び起動してください。
      スピーカーやヘッドホンが接続されていないと、CD の作成が行えない
      Windows Vista で SonicStage をお使いになる際、スピーカーやヘッドホンなどの 「 実際に音が出る機器 」 が接続されていない場合、CD の作成が行えない場合があります。
      パソコンにスピーカーやヘッドホンなどを接続した状態で、CD の作成をお試しください (音量を下げたりミュートにするのは問題ありません)。
    上記に当てはまらない場合、こちらのフローチャート をご確認ください。
    PAGE TOP
    ▼ 音楽 CD が作成できない場合の確認事項
    ※ フロー形式で説明しています。 各対処方については、「 解説を見る ▼ 」 をクリックしてください。
    SonicStage 以外のアプリケーションで、CD 作成はおこなえますか?
    おこなえます … 次の項目
    おこなえません … 解説

    解説を見る ▼
    SonicStage 以外のアプリケーションでも CD の作成が行えない場合、CD-ROM ドライブに問題がある可能性が高いです。
    お使いのパソコンや CD-ROM ドライブのメーカーへご相談ください。

    管理者権限に所属するユーザーでログオンしていますか?
    • Windows Vista / Windows XP では、「 コンピュータの管理者 」 に所属するユーザー名で、Windows 2000 では、ユーザー名 “Administrator” (半角英字) または管理者権限 (Administrators) に所属するユーザー名 (半角英数字のみ) でログオンしている必要があります。
    管理者権限に所属する
    ユーザーです … 次の項目
    管理者権限に所属する
    ユーザーではありません … 解説

    解説を見る ▼
    管理者権限に所属するユーザーでログオンしていない場合、CD の作成は行えません。
    管理者権限に所属する、ユーザー名が半角英数のユーザーでログオンしていただき、音楽 CD が作成できるかお試しください。
    詳しくは、「 インストール時のご注意 」 をご覧ください。

    音楽 CD に書き込もうとしている曲は、SonicStage 上で再生できますか?
    再生できます … 次の項目
    再生できません … 解説

    解説を見る ▼
    SonicStage 上で再生できない曲を CD に書き込むことはできません。
    SonicStage で再生できない曲については、こちらのQ&A をご覧ください。

    セキュリティソフトやその他アプリケーション、常駐プログラムなどは停止した状態で SonicStage の起動をお試しいただいていますか?
    停止しています … 次の項目
    停止していません … 解説

    解説を見る ▼
    他のプログラムが動作していると、CD が作成できない場合があります。
    可能な限りその他のプログラムを停止した状態で、CD の作成をお試しください。特に、SonicStage 以外のライティングソフトは必ず終了してください。
    また、セキュリティソフトによって CD への書き込みが制限されている可能性があります。
    プログラムの停止方法や設定方法は、各プログラムのヘルプや説明書をご確認いただくか、プログラムのメーカーへお問い合せください。

    CD 書き込み速度を落としていただき、CD は作成できますか?
    CD 書き込み速度の変更方法を見る ▼
    CD 書き込み速度は、次の方法で変更できます。
    1. SonicStage の画面で [ツール] - [設定] を選択します。
    2. [CD 作成] を選択し、[書き込み速度] を現在よりも遅い速度に変更して [OK] を選択します。
    以上で CD 書き込み速度の変更は完了です。
    作成できました ↓
    アンケートにご協力お願いします
    アンケートへ
    作成できません

                     … 次の項目


    Windows を再起動していただき、CD は作成できますか?
    作成できました ↓
    アンケートにご協力お願いします
    アンケートへ
    作成できません

                     … 次の項目


    ご注意
    • この先の操作は SonicStage のアンインストールや再インストールを伴います。
      すでに SonicStage をお使いで、曲データなどを SonicStage に入れている場合は、SonicStage データのバックアップを取ってください。

      SonicStage のデータバックアップについては、こちらのQ&A をご覧ください。
        … 次の項目


    1 度 SonicStage を削除したうえで再インストールをお試しいただき、CD は作成できますか?
    • SonicStage の削除方法については、こちらのQ&A をご覧ください。
    ご注意
    • インストール先を変更せずにインストールをお試しください。
    作成できました
    アンケートにご協力お願いします
    アンケートへ
    作成できません

                     … 次の項目

    電話 / メールでのご相談をおすすめします。
    電話によるお問い合わせ
    • 電話によるお問い合わせは、こちらのページ をご利用ください。*
      • 使いかた相談窓口へお電話いただいた後、製品別の短縮番号をご利用いただくと、直接担当窓口へおつなぎします。
    ※ 使いかた相談窓口にお問い合わせいただく際、Q&A 文書番号 [018598] を確認の上、問い合わせていることをお伝えください。
    メールによるお問い合わせ
    • メールによるお問い合わせは、こちらのページ をご利用ください。*
      • 入力フォームにご記入いただき、送信してください。
    ※ メールでお問い合わせいただく際、ご記入欄に Q&A 文書番号 [018598] を確認の上、問い合わせていることをご記入ください。
    * Q&A内で確認した内容を、使いかた相談窓口において再び確認させていただく場合がございます。