文書番号 : S1110278018024 / 最終更新日 : 2018/02/28

音声多重放送 (二重音声) の音声が切り換えられません。

    Q

    音声多重放送 (二重音声) の音声が切り換えられません。

    A

    本機で録画した音声多重放送の主音声と副音声の切り換えができなかったり、主音声と副音声が混ざって録画されていた場合は 以下の原因が考えられます。


    ※各原因をクリックすると、詳細な説明にジャンプします。
    !(HDDに録画した場合) 二重音声の記録をする設定がされていない。
      本機のHDDで二重音声の番組を録画して音声の切り換えをおこなうには、 本機の録画設定 [HDD二重音声記録] を [主+副音声] にする必要があります。
       [二重音声記録] - [主+副音声]
      ■ 操作/確認方法
      1. リモコンの「システムメニュー」 - [セットアップ] - [オプション] - [HDD二重音声記録] の順で選択します。
      2. 設定が [主+副音声] になっているか確認します。
      NEXT PAGE TOP
      !(DVDに録画した場合) 二重音声の記録ができないDVDで録画をした。
        • DVDに「二重音声」を記録するためには、VRモードで初期化されたDVD-RかDVD-RWを使用する必要があります。
        • VRモードで初期化されたDVD-RかDVD-RW以外のDVDでは、主音声または副音声のみしか記録できません。

        ■ 操作/確認方法
        1. [システムメニュー] - [セットアップ] - [オプション] - [DVD二重音声記録] の順で選択します。
        2. 以下の設定を確認します。
          • 主音声:主音声を記録する。
          • 副音声:副音声を記録する。

          ※HDD二重音声記録には「主+副音声」の設定はありません。
          ※VRモードのDVD-RかDVD-RW録画時は設定に関わらず、主音声と副音声の両方の記録が可能です。
        NEXT PAGE TOP
        !(ビデオデッキや外部チューナーなど) 外部入力から二重音声を記録する設定がされていない。
          本機のチューナーからではなく、外部入力に接続したビデオデッキやデジタルチューナーなどから番組を録画する場合は、 以下の設定が [二重音声] でない場合、二重音声での記録はできません。
           [外部入力音声設定] - [ステレオ] → [二重音声]
          ■ 操作/確認方法
          1. 本機の入力切換で「入力1~3」を選択する。
             ※入力1~3のいずれかを選択しないと、以下のメニューが出ません。
          2. リモコンの「ツール」- [外部入力音声] の順で選択します。
          3. 設定が [二重音声] になっているか確認します。

          • 外部入力から二重音声を記録する設定方法について詳しくは こちらのQ&A をご覧ください。

          NEXT PAGE TOP
          !(ビデオデッキや外部チューナーなど) 外部入力機器の音声出力設定により二重音声で記録されない。
            本機のチューナーからではなく、外部入力に接続したビデオデッキやデジタルチューナーなどから番組を録画する場合は、 接続した機器の音声出力に設定や状態を以下のようにする必要があります。

            • 主音声または副音声のみが出力される設定の場合、そのまま録画されて本機で二重音声の切り換えができない場合があります。


            • 録画予約機能のついたデジタルチューナー内蔵テレビなどから録画する場合は、 テレビ側番組予約機能の設定を [主音声+副音声] などの二重音声を出力する設定にしてください。
              テレビの二重音声設定 「例」
              テレビの二重音声設定 「例」

            • 外部入力から音声多重放送を録画する際は、下図のビデオデッキの例のように、主音声と副音声が同時に聞こえる設定にして録画する必要があります。

            ビデオデッキなどからの録画
            ※ビデオデッキなどの表示窓の音声を示す箇所が「L/R」「主/副」「音声多重」などの表示になるように操作します。

            • 外部入力から二重音声を記録する設定方法について詳しくは こちらのQ&A をご覧ください。

            NEXT PAGE TOP
            !録画した放送は音声多重放送ではなかった。
              録画済みの番組は、タイトルリストの情報から番組の音声などの情報が、ある程度わかります。

              録画した番組に電子番組表の情報があった場合、音声多重放送の番組には、二ヶ国語番組を示す[二]や、 音声多重放送を示す[多]などが入る場合があります。

              電子番組表からの録画予約で、[二][多]ではなく、 ステレオ放送を示す[ス]や何も入っていない場合、 録画した番組は音声多重放送ではなかった場合があります。
              タイトルリストでの確認例

              • 電子番組表の番組情報は、番組表配信のGガイドのサービスから取得しています。
              • 番組表配信サービスの都合により、番組情報が正しく入らない場合もあります。
              NEXT PAGE TOP
              !その他、該当する原因
                • 受信する電波が弱かった場合、モノラルまたは主音声だけで録画される場合があります。
                  その場合は、アンテナの向きを調節するか、別売りのアンテナブースターで電波を増幅します。


              • デジタル音声出力 同軸/光端子にアンプを接続している場合は設定により音声の切換はできない場合があります。 HDDまたはDVD-RW (VRモード) で音声を切り換えるには以下の設定をおこないます。
                1. [セットアップ] - [音声設定] - [音声出力] を選択する。
                2. [音声出力] の [ドルビーデジタル] を選択し、設定を [ダウンミックスPCM] にします。
                    ※取扱説明書71ページ

              • 以下の設定を確認してください。設定が「入」でないと二重音声で記録できません。
                1. [セットアップ] - [基本設定] - [地上波設定] を選択する。
                2. [地上波設定] の [自動ステレオ受信] が「入」か確認します。
                    ※取扱説明書68ページ
              PAGE TOP

              上記をご確認いただいても、症状が改善されない場合は、「 修理のご相談 」 ページへお進みください。
              修理のご相談

              買い替えをご検討のお客様へ

              ソニーのブルーレイディスクレコーダーは外付けHDDへの録画、スマートフォン/タブレットを使ったネットワーク機能など、豊富なラインナップをご用意しております。

              下記ページにて、実際にブルーレイディスクレコーダーを使っている方のご意見を元にしたチェックポイントから、おすすめの機種をご案内します。

              買い替えるなら“後悔しない”ブルーレイ選び