文書番号 : S1110278012039 / 最終更新日 : 2016/09/27

ファイル形式はどんなものがありますか?

    Q

    ファイル形式はどんなものがありますか?

    A

    対象ソフトウェア

    • Memory Stick Voice Editor

    詳細


    <Memory Stick Voice Editor Ver.1>
    扱えるファイル形式は以下の通りです。
    ただし、Memory Stick Voice Editorで再生や編集ができるのはmsvファイルだけです。
    msvファイル(ADPCM形式)(拡張子:msv)
    メモリースティックICレコーダーICD-MS1/MS2での録音に使用される音声ファイル形式です。音声が圧縮された状態になるので、少ない容量で保存することができます。msv(ADPCM形式)ファイルは、Memory Stick Voice Editor Ver.1.0/1.1/1.2で編集や再生、または、“メモリースティック”に書き込んで、ICレコーダーICD-MS1/MS2に戻して再生できます。
    icsファイル形式(拡張子:ics)
    ICレコーダーICD-R100/R200での録音に使用されるソニー独自の音声ファイル形式です。音声が圧縮された状態になるので、少ない容量で保存することができます。保存したicsファイルはicsプレーヤーソフトウェアで再生したり、ICレコーダーICD-R100/R200に戻して再生できます。また、SPモードで録音されたicsファイルは、Memory Stick Voice Editorでmsvファイルに変換できます。(LPモードおよびSP/LPモードで録音されたicsファイルはmsvファイルに変換できません。)
    wavファイル形式(拡張子:wav)
    パソコンの一般的なアプリケーションでの録音に使用されるPCM 8/11kHz、8/16ビットモノラル形式の音声ファイル形式です。Windowsに付属しているサウンドレコーダーなどのソフトウェアで再生できます。また、Memory Stick Voice Editorでmsvファイルに変換できます。(変換できるのはPCM8/11kHz、8/16ビットモノラル形式のwavファイルのみです。11kHzの場合はSPのmsvファイルに、8kHzの場合はLPのmsvファイルに変換されます。)
     

    <Memory Stick Voice Editor Ver.2> 扱えるファイル形式は以下の通りです。               
    msv(LPEC)ファイル形式(Memory Stick Voice File / 拡張子:msv) (*1)
    ICレコーダーICD-SシリーズおよびメモリースティックICレコーダーICD-MS500での録音に使用される音声ファイル形式です。音声が圧縮された状態になるので、少ない容量で保存することができます。msv(LPEC)ファイルは、「Digital Voice Editor Ver.2」で再生、編集できます。また、ICレコーダーに戻して再生、編集ができます。
    msv(ADPCM)ファイル形式(Memory Stick Voice File / 拡張子:msv)
    メモリースティックICレコーダーICD-MS1/MS2での録音に使用される音声ファイル形式です。音声が圧縮された状態になるので、少ない容量で保存することができます。msv(ADPCM)ファイルは、「Digital Voice Editor Ver.2」で再生、編集したり、メモリースティックに追加し、メモリースティックICレコーダーに戻して再生できます。
    dvfファイル形式[LPEC: ICD-BP250/BP450用](Digital Voice File / 拡張子:dvf)(*2)
    USBポート付きのICレコーダーICD-BP250/BP450での録音に使用される音声ファイル形式です。音声が圧縮された状態になるので、少ない容量で保存することができます。「Digital Voice Editor Ver.2」上で再生、編集ができます。
    dvfファイル形式[LPEC: ICD-BP120/BP220/BP320用](Digital Voice File/拡張子:dvf)(*2)
    ICレコーダーICD-BP120/BP220/BP320での録音に使用される音声ファイル形式です。音声が圧縮された状態になるので、少ない容量で保存することができます。「Digital Voice Editor Ver.2」上で再生、編集ができます。
    wavファイル形式(WAV File [44.1kHz、16bit、ステレオ] および[8kHz/11kHz/16kHz、8bit/16bit、モノラル] / 拡張子:wav)
    パソコンの一般的なアプリケーションでの録音に使用されるPCM 44.1kHz、16ビット、ステレオ、および8/11/16kHz、8/16ビット、モノラル形式の音声ファイル形式です。Windowsに付属しているサウンドレコーダーなどのソフトウェアで再生できます。16ビットwavファイルを必要とするソフトウェアを使用する場合は、wav16ビット形式で保存してください。

    「Digital Voice Editor Ver.2」はicsファイル形式には対応しておりません。

    *1:拡張子はmsv(ADPCM)ファイル形式と同じですが、msv(ADPCM)ファイルとは互換性はなく、ICD-MS1/MS2用Memory Stick Voice Editor Ver.1.0/1.1/1.2またはICD-MS1/MS2では再生できません。
    *2:dvf形式には、ICD-BP250/BP450用の形式と、ICD-BP120/BP220/BP320用の形式があります。ふたつの形式はLPモードでは互換性がありませんが、「Digital Voice Editor Ver.2」でそれぞれの形式に変換できます。


    【ご注意】
    dvfファイル形式は、「Digital Voice Editor」 で、msvファイル形式に変換することにより扱えます。