文書番号 : S1110278008772 / 最終更新日 : 2018/02/28

i.LINK接続で何ができますか?

    Q

    i.LINK接続で何ができますか?

    A

    i.LINKは、i.LINK端子を持つ機器間で、デジタル映像やデジタル音声などの信号を 双方向でやりとりしたり、他機を操作したりできます。

    次のような特徴があります。
    • デジタル信号の高画質/高音質を、そのまま録画できます。
    • i.LINKケーブル1本だけで、i.LINK対応機器間を接続できます。
    • 複数のi.LINK対応機器を接続したときは、他の機器を介して接続しても、 操作やデータのやりとりができます。このため、接続順序は気にする必要ありません。
    • 接続する機器の特性や仕様によっては、操作のしかたが異なったり、 接続しても操作やデータのやりとりができない場合があります。
    • LINC(*)した、i.LINK対応機器を1度に1台だけ操作できます。
    *LINCとは
    LINCは、Logical Interface Connection(ロジカル・インターフェース・コネクション: 「論理的な接続を行う」の意)の略です。


    接続対応機器
    • デジタルレコーディングハードディスクドライブ VRP-T1/VRP-T3/VRP-T5
    • ソニー製MICROMV方式デジタルビデオカメラレコーダー
    • 日本ビクター製デジタルハイビジョンビデオ HM-DHX1/HM-DHS1
      これらの商品に関するお問い合わせは、日本ビクター株式会社 お客様ご相談センターまでお願いいたします。
    <日本ビクター株式会社 お客様ご相談センター>
    電話番号:0120-282-817(フリーダイヤル)
    東京:03-5684-9311、大阪:06-6765-4161  (携帯電話/PHS等から)
    受付時間:月曜日~金曜日 9:00~17:00(祝祭日を除く)


    *ソニー製品のi.LINK接続にかんして、「 ソニー i.LINK プロダクトインフォメーション」にて、詳しくご案内しております。ご参照ください。
    *上記のi.LINK接続対応/推奨機器以外の接続動作は、保証していません。
    *下記のi.LINK対応機器は、本機が対応していないため、接続しないでください。
    • パソコン
    • MDデッキ
    • DV方式デジタルビデオカメラレコーダー
    • DVデッキ