文書番号 : S1110278006737 / 最終更新日 : 2016/09/27

レート変換ダビング可能ですか?

対象製品カテゴリー・製品

Q

レート変換ダビング可能ですか?

A

本機は、HDDからDVD、またはDVDからHDDの双方向へ、ダビング元とは異なる録画モードを設定してダビングする 「録画モード変換ダビング」が可能です。

たとえば、高画質でデータ量の多いHQで録画したタイトルを、データ量の少ない「SP」に設定して変換ダビングすると、 少ないディスク容量でたくさん保存することができます。
タイトルダビングやタイトル選択ダビング時の「ダビングモード」で、「SP」などダビング元とは異なる録画モードを 選んで実行します。

HQまたはHQ+でHDDに録画したタイトルを、HSP~EPの録画モードで変換した場合、タイトル全体として自動的に最適な ビットレートを配分します。
これにより、画質の劣化を最小限に抑えます。

また、編集してつくられたタイトルで録画モード変換ダビングをすると、シーンの継ぎ目がなめらかになります。

ご注意
  • 録画モード変換ダビングで、ダビング元の録画モードより高画質の録画モードに変換しても画質は良くなりません。