文書番号 : S1110278003435 / 最終更新日 : 2016/09/27

車速センサーを接続したが、正しく動作しているかの確認方法は?

    Q

    車速センサーを接続したが、正しく動作しているかの確認方法は?

    A

    運転者が運転中にパルス数値の確認をおこなうことは大変危険ですので、必ず同乗者の方がおこなってください。

    車速信号線を接続した後は、本体に電源が入った状態でリセットボタンを押してください。
    しばらくすると車速パルス 「 未使用 」 から 「 使用 」 に変わり、ナビゲーションが自律航法として車速パルスを使用します。

    数値の上がり方は、停車中は[0]になり、走行速度に比例して数値が上がります。
    (例) 時速[0km]=パルス数値[0]、時速[30km]=パルス数値[10]、時速[60km]=パルス数値[20]

    車速パルスの数値が、走行速度と比例していれば正しく動作しています。
    パルス数値が走行速度に関係なく上がったり下がったりする、低速走行時に数値が出ない、高速走行時に数値が出ない、止まっていても数値が出ている、などの場合は、車速信号線の取出し位置が違う、またはアナログパルスなどが考えられます。

    弊社のナビゲーションはデジタルパルス専用です。アナログパルスには対応しておりません。
    アナログパルスの場合は、別売 車速パルス発生器 「 XA-200S (生産完了) 」 をご使用ください。
    「 XA-200S 」 は車種やタイヤによっては取り付けできない場合があります。
    詳しくはソニーカーナビゲーションシステム販売店にご相談ください。