文書番号 : S1109141094646 / 最終更新日 : 2019/03/19

[Microsoft Outlook 2007] メールデータをエクスポート(バックアップ)/インポート(復元)する方法

    Q

    [Microsoft Outlook 2007]
    メールデータをエクスポート(バックアップ)/インポート(復元)する方法


    「Outlook 2007」で管理しているメール、連絡先(アドレス帳)、予定表、仕事、メモ、履歴のデータをエクスポート(バックアップ)、およびインポート(復元)する方法を教えてください。


    A

    [ファイル]タブの[インポートとエクスポート]でバックアップ、および復元ができます


    対象製品

    アプリケーションソフトウェア
    Microsoft Outlook 2007

    説明

    メッセージ、連絡先、および予定表など「Microsoft Outlook 2007」のデータは、個人用フォルダファイル(.pst)に保存されています。

    内容

    操作方法

    Outlookのデータファイル(.pst)をエクスポート(バックアップ)する方法

    操作手順

    1. [スタート]ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]-[Microsoft Office]-[Microsoft Outlook 2007]をクリックします。

    2. 「Microsoft Outlook 2007」が起動するので、[ファイル]タブをクリックし、[インポートとエクスポート]をクリックします。

      [Microsoft Outlook 2007]画面

    3. [実行する処理を選択してください]画面が表示されるので、[ファイルにエクスポート]をクリックし、[次へ]ボタンをクリックします。

      [実行する処理を選択してください]画面

    4. [エクスポートするファイルの種類を選択してください]画面が表示されるので、[個人用フォルダ ファイル(.pst)]をクリックし、[次へ]ボタンをクリックします。

      [エクスポートするファイルの種類を選択してください]画面

    5. [エクスポートするフォルダ]画面が表示されるので、[サブフォルダを含む]にチェックをつけて[次へ]ボタンをクリックします。

      参考

      連絡先や予定表など個別にバックアップする場合は、エクスポートする項目をクリックし、[サブフォルダを含む]のチェックをはずしてください。

      [エクスポートするフォルダ]画面

    6. [エクスポート ファイル名]画面が表示されるので、[参照]ボタンをクリックします。

      [エクスポート ファイル名]

    7. [個人用フォルダを開く]画面が表示されるので、保存場所を指定し、ファイル名を入力して[OK]ボタンをクリックします。

      [個人用フォルダを開く]画面

    8. [エクスポート ファイル名]画面が表示されるので、任意のエクスポート方法にチェックをつけて[完了]ボタンをクリックします。

      [エクスポート ファイル名]画面

    9. [Microsoft 個人用フォルダの作成]画面が表示されるので、[OK]ボタンをクリックします。

      • パスワードを設定する場合は、パスワードを入力してから[OK]ボタンをクリックします。

      [Microsoft 個人用フォルダの作成]画面

    目次に戻る

    Outlookのデータファイル(.pst)をインポート(復元)する方法

    操作手順

    1. [スタート]ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]-[Microsoft Office]-[Microsoft Outlook 2007]をクリックします。

    2. 「Microsoft Outlook 2007」が起動するので、[ファイル]タブをクリックし、[インポートとエクスポート]をクリックします。

      「Microsoft Outlook 2007」画面

    3. [実行する処理を選択してください]画面が表示されるので、[他のプログラムまたはファイルからのインポート]をクリックして、[次へ]ボタンをクリックします。

      [実行する処理を選択してください]画面

    4. [インポートするファイルの種類を選択してください]画面が表示されるので、[個人用フォルダ ファイル (.pst)]をクリックして[次へ]ボタンをクリックします。

      [インポートするファイルの種類を選択してください]画面

    5. [インポートするファイル]画面が表示されるので、[参照]ボタンをクリックします。

      [インポートするファイル]画面

    6. [個人用フォルダを開く]画面が表示されるので、バックアップしたOutlookのデータをクリックして、[開く]ボタンをクリックします。

      [個人用フォルダを開く]画面

    7. [インポートするファイル]画面が表示されるので、保存場所を確認し、任意のインポート方法にチェックをつけて[次へ]ボタンをクリックします。

      [インポートするファイル]画面

    8. [インポートするフォルダーの選択]画面が表示されるので、[個人用フォルダ]をクリックし、[サブフォルダを含む]にチェックをつけ、インポートするフォルダーを選択します。

      参考

      連絡先や予定表など個別に復元する場合は、インポートする項目をクリックし、[サブフォルダを含む]のチェックをはずしてください。

      [インポートするフォルダの選択]画面

    9. [完了]ボタンをクリックします。

    目次に戻る

    参考情報

    マイクロソフト社サポート技術情報もご参照ください。

    マイクロソフト社サポート技術情報
    [文章番号]
    932821
    [最終更新日]
    2008/09/18
    [タイトル]
    Outlook 2007 のデータをバックアップ、復元、または移動する方法

    目次に戻る

    目次に戻る