文書番号 : S1106061090708 / 最終更新日 : 2019/03/19

[ウイルスバスター クラウド] ファイアウォールチューナーを有効/無効にする方法

    Q

    [ウイルスバスター クラウド]
    ファイアウォールチューナーを有効/無効にする方法


    ファイアウォールチューナーを有効、または無効にする方法を教えてください。


    A

    [設定]画面の[有害サイト/迷惑メール対策]で設定します


    対象製品

    アプリケーションソフトウェア
    ウイルスバスター クラウド

    説明

    「ウイルスバスター クラウド」にはWindowsファイアウォールを強化するファイアウォールチューナーという機能が搭載されています。
    ファイアウォールチューナーを有効にすると、Windowsファイアウォールを自動で調整し、ウイルスなどからPCを保護します。

    • ファイアウォールチューナー機能は、工場出荷時状態では無効になっています。

    内容

    事前確認

    ご注意

    「ウイルスバスター クラウド」のサポート先は、トレンドマイクロ社です。
    お問い合わせ先については、下記をご参照ください。

    Windowsファイアウォールを有効、または無効にする方法は、下記の関連Q&Aをご参照ください。

    ▼関連Q&A:
    [Windows 8] ファイアウォール機能を有効/無効にする方法
    [Windows 7] ファイアウォール機能を有効/無効にする方法 【動画あり】

    操作方法

    操作手順

    • 下記は、「ウイルスバスター クラウド Ver.3.*」の画像を使用しています。
      アプリのバージョンにより、表示される画面が異なる場合があります。
    1. 「ウイルスバスター クラウド」を起動します。

      ▼関連Q&A:
      [Windows 7] ソフトウェアを起動する方法

    2. [ウイルスバスター クラウド]画面が表示されるので、[設定]ボタンを選択します。

      [ウイルスバスター2011 クラウド]画面

    3. [設定]画面が表示されるので、[有害サイト/迷惑メール対策]を選択し、[ネットワーク対策]を選択します。

      [設定]画面

    4. [ファイアウォールチューナーを有効にする]、または[ファイアウォールチューナーを有効にして、Windowsファイアウォールによる保護を強化する]にチェックをつけて、[OK]ボタンを選択します。
      無効にする場合は、チェックをはずして[OK]ボタンを選択します。

      [設定]画面

      • 上記は、ファイアウォールチューナーを有効にする場合の画像です。

    以上で操作は完了です。