文書番号 : S1005121075843 / 最終更新日 : 2019/03/19

[VAIO Care Ver.6.*] DVDメディアでリカバリーメディア(リカバリーディスク)を作成する方法

    Q

    [VAIO Care Ver.6.*]
    DVDメディアでリカバリーメディア(リカバリーディスク)を作成する方法


    DVDメディアを使用してリカバリーメディア(リカバリーディスク)を作成する方法について。


    A

    「VAIO Care」で未使用のDVDメディアを使用して作成します


    対象製品

    アプリケーションソフトウェア
    VAIO Care Ver.6.*

    内容

    事前確認

    • ご使用のモデルによって、必要なメディアの枚数は異なります。

    • リカバリーメディアの作成には、DVD-Rメディアの使用をおすすめします。
      お使いのDVDドライブが対応している場合は、DVD+R DLメディア、DVD-R DLメディア、DVD+Rメディア、DVD+RWメディア、およびDVD-RWメディアも使用できます。

    • 作成したリカバリーメディアは、作成の際に使用したVAIOでしか使うことができません。

    • ハードディスク上の空き容量が少ない場合は、リカバリーメディアの作成はできません。

    • リカバリーメディアの作成には、読み取り可能なDVDメディアを再フォーマットして使わないでください。
      データが完全に消去されているDVDメディアをご使用ください。

    • バッテリーが付属しているモデルをご使用の場合は、必ずACアダプターを接続してからリカバリーメディアを作成してください。

    • 外付けドライブをご使用の場合は、「VAIO Care」を起動する前にPCに外付けドライブを接続する必要があります。

    目次に戻る

    操作方法

    操作手順

    • 例として、DVD-Rメディアを2枚使用した場合の手順を説明します。
      表示される画面は、ご使用のバージョンにより異なる場合があります。
    1. [スタート]ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]-[VAIO Care]をクリックします

      • [ASSIST]ボタンが搭載されているモデルの場合は、[ASSIST]ボタンを押します。
    2. [ユーザー アカウント制御]画面が表示されるので、[はい]ボタンをクリックします。
      標準ユーザーでご利用の場合は、下記をご参照ください。

      [ユーザー アカウント制御]画面が表示されない場合は、次の手順に進んでください。

    3. [VAIO Care]画面が表示されるので、[リカバリーと復元]をクリックし、[リカバリー]をクリックします。

      [VAIO Care]画面

    4. [リカバリーメディアの作成]をクリックします。

      [VAIO Care]画面

    5. [リカバリーメディアの作成]画面が表示されるので、[次へ]ボタンをクリックします。

      • バッテリー付属モデルの場合は、ACアダプターを接続していることを確認してから、[次へ]ボタンをクリックします。

      [リカバリーメディアの作成]画面

      参考

      DVDドライブを搭載していないモデルをご使用で、外付けのDVDドライブを接続していない場合、下記のメッセージが表示されます。
      外付けドライブを接続してから再度実行してください。

      メッセージ:
      「リカバリーメディアの作成にはディスクドライブが必要です。
      外付けドライブを使用する場合は、ドライブのUSBケーブルと電源コードが正しく接続されているか確認して、VAIO Care を再度実行してください。」

      メッセージ画面

    6. [メディアの選択]画面が表示された場合は、[ディスク]をクリックします。
      [メディアの選択]画面が表示されない場合は、手順7へ進んでください。

      [メディアの選択]画面

      参考

      USBフラッシュメモリーを使用してリカバリーメディアを作成する場合は、下記の関連Q&Aをご参照ください。

      ▼関連Q&A:
      [VAIO Care Ver.6.3-Ver.6.4] USBフラッシュメモリーでリカバリーメディア(リカバリーディスク)を作成する方法

    7. [未使用のディスクを入れてドライブを選択してください]画面が表示されるので、未使用のDVDメディアをドライブに挿入し、[次へ]ボタンをクリックします。

      [未使用のディスクを入れてドライブを選択してください]画面

    8. [リカバリーメディアの作成を始める]画面が表示されるので、[次へ]ボタンをクリックします。

      • ご使用のバージョンによっては、[メディア作成]ボタン、または[メディア作成を開始]ボタンが表示されます。

      [リカバリーメディアの作成を始める]画面

      参考

      [ディスクが正しく作成できたか確認する(時間がかかります)]にチェックをつけると、リカバリーメディアを作成している間に確認メッセージを表示できます。

    9. [リカバリーメディア 1 / 2 を作成しています]画面が表示されるので、しばらく待ちます。

      • 画面上のパーセント表示がしばらく進まないことがありますが、ハードディスクのアクセスランプが点滅している場合は、リカバリーメディアを作成中です。
        しばらくそのままでお待ちください。

      [リカバリーメディア 1 / 2 を作成しています]画面

    10. [未使用のメディアを入れてください]画面が表示されるので、DVDメディアをドライブから取り出し、画面に表示されているラベル名をDVDメディアに記載します。
      未使用のDVDメディアをドライブに挿入し、[次へ]ボタンをクリックします。

      メッセージ:
      「ディスク 1 / 2 の作成が完了しました。
      ラベルに「***** (Windows 32bit)リカバリーディスク 1 / 2」と書いてください。
      未使用のメディアを入れて [次へ] をクリックしてください。」

      • 表示されるラベル名は、お使いのモデルにより異なります。

      [未使用のメディアを入れてください]画面

      参考
      • メディアの記録面に触れたり、汚したりしないでください。

      • メディアのレーベル面(印刷面)に文字を書くときは、油性のフェルトペンなどをお使いください。
        ボールペンなど鋭利なもので書くと、記録面を傷つける原因になります。

    11. [リカバリーメディア 2 / 2 を作成しています]画面が表示されるので、しばらく待ちます。

      • 画面上のパーセント表示がしばらく進まないことがありますが、ハードディスクのアクセスランプが点滅している場合は、リカバリーメディアを作成中です。
        しばらくそのままでお待ちください。

      [リカバリーメディア 2 / 2 を作成しています]画面

    12. [完了]画面が表示されるので、DVDメディアをドライブから取り出して、画面に表示されているラベル名をDVDメディアに記載し、[OK]ボタンをクリックします。

      メッセージ:
      「ディスク 2 / 2 の作成が完了しました。
      ラベルに「***** (Windows 32bit)リカバリーディスク 2 / 2」と書いてください。
      [OK] をクリックして終了します。」

      • 表示されるラベル名は、お使いのモデルにより異なります。

      [完了]画面

    以上で操作は完了です。

    目次に戻る

    ■ Q&Aで解決できなかった時にお役立てください。