文書番号 : S1004091074758 / 最終更新日 : 2018/02/28

[VAIO_PC] 地上アナログテレビ放送終了後のアナログチューナー搭載モデルの地上デジタル放送への対応

対象製品カテゴリー・製品

 
Q

[VAIO_PC]
地上アナログテレビ放送終了後のアナログチューナー搭載モデルの地上デジタル放送への対応

  • アナログチューナー搭載モデルでテレビ(TV)を視聴していましたが、アナログ放送が終了してしまいました。
    どうしたら地上デジタル放送(地デジ)を視聴できるようになりますか。
  • 地上デジタル放送に対応していないVAIOで地上デジタル放送を見るには、どのような方法がありますか。
 
A

2012年3月31日をもってアナログテレビ放送は終了しました。外付けのデジタルチューナーの接続をご検討ください

対象製品

VAIO PC全般

  • アナログチューナー搭載モデルのみ対象です。

説明

2011年7月24日(岩手・宮城・福島の3県は2012年3月31日)にアナログテレビ放送が終了となり、アナログチューナーのみを搭載しているPCでは、テレビの視聴ができなくなりました。

コンポジット入力端子やSビデオ入力端子などの映像入力端子を備えたモデル(※)は、外付けのデジタルチューナーを接続することで、「Do VAIO」、または「Giga Pocket」で地上デジタル放送を視聴(または視聴と録画)できる場合があります。
ただし、録画ができなかったり、標準画質でしか視聴できない、データ放送が視聴できないなど、さまざまな制約を伴います。

  • VGN-Aシリーズ、VGN-ASシリーズ、VGN-Eシリーズ、およびXビデオステーション(VGX-XV80S、VGX-XV40S)は映像入力端子がありますが、外付けのデジタルチューナーには対応しません。

i.LINK S400(TS)入力端子が搭載されているモデルをご利用で、同じi.LINK S400(TS)端子を備えたソニー製デジタルチューナーをお持ちの場合は、これらを接続することでVAIOで地上デジタル放送を録画できます。

コンポジット入力端子Sビデオ入力端子i.LINK S400(TS)入力端子
コンポジット入力端子Sビデオ入力端子i.LINK S400(TS)入力端子

内容

事前確認

  • コンポジット入力端子、Sビデオ入力端子がいずれも搭載されていないモデルの場合は、「Do VAIO」、または「Giga Pocket」で地上デジタル放送の視聴・録画はできません。

  • VGN-Aシリーズ、VGN-ASシリーズ、VGN-Eシリーズ、およびXビデオステーション(VGX-XV80S、VGX-XV40S)は映像入力端子がありますが、外付けのデジタルチューナーには対応しません。

  • 一部のケーブルテレビ(CATV)会社で開始されている「デジアナ変換」サービスの環境では、「Do VAIO」は「デジアナ変換」サービスにて採用されている著作権保護技術に非対応のため、地上デジタル放送の視聴・録画はできません。

  • 他社製の外付けデジタルチューナーの動作確認はソニーでは行っておりません。
    チューナーの製造元や販売元にご確認ください。

目次に戻る

対処方法

コンポジット入力端子、またはSビデオ入力端子が搭載されているモデルの場合

本体のコンポジット入力端子、またはSビデオ入力端子を使用して、外付けのデジタルチューナーを接続する場合は、以下の制約があります。

  • 高解像度(HD)画質ではなく、標準(SD)画質になります。
  • データ放送の視聴・録画はできません。

接続方法

ご使用のソフトウェアにより、視聴や録画への対応が異なります。

「Do VAIO」の場合
  • デスクトップPCの場合は、デジタル放送の視聴と録画ができます。
    また、「Do VAIO Ver.1.2」以降では、暗号化録画機能を使用して録画できます。
    「Do VAIO Ver.1.2」以前のバージョンをご使用の場合は、「Do VAIO Ver.1.2」へのアップグレードが必要です。

    • ただし、VGC-LAシリーズ、VGC-RC*2シリーズ、VGC-RM*0シリーズでは録画ができません。
  • VGN-ARシリーズ、およびVGN-FTシリーズの場合は、デジタル放送の視聴ができます。
    ただし、コピーガード信号が含まれているため、録画はできません。

  • ディスプレイをミラーモードで使用した場合は、デジタル放送の視聴もできません。

目次に戻る

「Giga Pocket」の場合

映像入力端子を備えたモデルの場合は、外付けデジタルチューナーの接続により、デジタル放送の視聴は行えます。
ただし、コピーガード信号が含まれているため録画はできません。

目次に戻る

「Windows Media Center」の場合

外付けのデジタルチューナーを接続してもデジタル放送を視聴できません。

目次に戻る

i.LINK S400(TS)入力端子が搭載されているモデルの場合

下記のモデルには、本体背面に「i.LINK S400(TS)入力端子」が搭載されています。

  • VGX-X*0シリーズ
  • VGC-RA71P、VGC-RA71PS(※1)、VGC-RA71S(※1)、VGC-RA61
  • VGC-RA72P、VGC-RA72PS(※1)、VGC-RA72S(※1)、VGC-RA62
  • VGC-RA73P、VGC-RA73PS(※2)、VGC-RA73S(※2)

※1 購入時に「テレビ(TV)機能(MPEGハードウェアエンコーダーボード)」を選択した場合

※2 購入時に「i.LINKS400(TS)入力端子付&DV←→アナログ変換対応」を選択した場合

同じi.LINK S400(TS)端子を備えたソニー製デジタルチューナーをご所有の場合、これらをi.LINKケーブルで接続することにより、デジタル放送を高解像度(HD)画質の映像で視聴、および録画ができます。

録画した番組は「Do VAIO」上で管理しますが、VAIOのディスプレイでは視聴、および再生ができません(※VGP-DTU1を除く)。
視聴、および再生する際は、外付けのデジタルチューナーに接続したテレビを使用します。
また、録画したコンテンツをDVDメディアに記録することもできません。

接続図

ご注意
  • VAIOデジタルTVユニット(VGP-DTU1)をご使用の場合は、PCのディスプレイ上でデジタル放送を視聴し、録画したコンテンツを再生することが可能です。

  • VGC-RA71シリーズ、VGC-RA61をご使用の場合は、以下のアップデートプログラムをインストールしてからご使用ください。

    • クリックするとアップデートプログラムのダウンロードページが開きます。

目次に戻る

 

参考情報

  • BSアナログ放送と地上アナログ放送は、地上デジタル放送に切り替わりました。

  • BSアナログハイビジョン放送は2007年9月30日に放送を終了しました。
    NHK BS2アナログ放送は、2011年3月31日に放送を終了しました。

目次に戻る