文書番号 : S0910061067509 / 最終更新日 : 2019/04/26

電源が切れる(サイバーショット)

対象製品カテゴリー・製品

Q

電源が切れる(サイバーショット)

  • 電源が入ったり切れたりする。
  • 電源が勝手に切れてしまいます。
 
A

以下のSTEPに沿って確認します

内容

対処方法

バッテリーが充分に充電されているか確認します。

お買い上げ直後や長期間充電していないなどでバッテリーが過放電状態の場合、バッテリーを充分に充電してください。

  • バッテリーは使わなくても自然放電で少しずつ消耗します。
参考

バッテリーの上手な使い方や充電方法などについては、「電源・バッテリーについて(使い方や困ったときは)」をご覧ください。

目次に戻る

バッテリーもしくはバッテリーチャージャー(充電器)の端子が汚れていないか確認します。

バッテリー端子に汚れが付着している場合の参考例(例:NP-BD1)

バッテリーの端子が汚れている例

バッテリー端子が汚れている場合は、乾いた布または綿棒などで汚れを拭き取り、再度バッテリーを充電してください。

端子の清掃方法は、動画でご案内しています。

※ 端子部には、手や金属で触れないようにご注意ください。

目次に戻る

本体の設定を確認します。

バッテリーの消耗を防ぐために電源が自動で切れるオートパワーオフ機能が搭載されている“サイバーショット”の場合は、本体設定の[エコモード]または[パワーセーブ]の設定をご確認ください。

  • 機種により呼び方がことなります。

[エコモード]または[パワーセーブ]の設定が[標準]または[強]に設定されている場合、電源を入れたまま一定時間操作しないと、バッテリーの消耗を防ぐためモニターは暗くなり、その後自動で電源が切れます(オートパワーオフ)。

有機ELを搭載した機種では、モニターの焼きつき防止のため[パワーセーブ]を[切]にしていても一定時間操作しないとモニターが暗くなりますが、電源が切れているわけではありません。

モニターが暗いときは画面をタッチしたり(タッチパネル搭載機種)、カメラの操作をおこなうことで元の状態に戻すことができます。

目次に戻る

バッテリーを交換して症状が発生するか確認します。

複数のバッテリーをお持ちの場合は、別のバッテリーでもお試しください。
別のバッテリーでも同じ症状が起きる場合、バッテリーチャージャー(充電器)や本体の故障の可能性が考えられます。

目次に戻る

上記をおこなっても改善されない場合

上記をおこなっても改善されない場合、本体が故障している可能性があります。
お買い上げの販売店へご相談いただくか、以下のページから修理をお申し込みください。
その際はお使いのカメラ本体、バッテリー、バッテリーチャージャー(充電器)、USBケーブル、ACアダプターの一式をご用意ください。

目次に戻る