文書番号 : S0609271014983 / 最終更新日 : 2019/03/19

[Windows Vista] ディスククリーンアップを行う方法

     
    Q

    [Windows Vista]
    ディスククリーンアップを行う方法

    • ディスククリーンアップを行う方法を教えてください。
    • Cドライブなどのディスクの空き容量を増やす方法を教えてください。
     
    A

    [システム ツール]から[ディスク クリーンアップ]を行います

    対象製品

    Windows Vista

    説明

    ディスククリーンアップは、ハードディスク内の一時ファイル、および削除されたファイルの消去や使用しないプログラムなどの消去を行い、ディスク領域を確保するためのユーティリティーです。
    ディスククリーンアップを定期的に実行すると、ディスクの空き容量が整理され、システムパフォーマンスが維持できます。
    デフラグの実行前に行うと、デフラグ処理のパフォーマンスが向上します。

    Windows Vistaのディスククリーンアップは、以下のいずれかを選択して実行できます。

    • 復元ポイントやプログラムを削除することができるのは、同じPCを使用しているすべてのユーザーのファイルを削除する場合のみです。
    • 自分が使用しているアカウントのデータ
    • 同じPCを使用しているすべてのユーザーのデータ

    内容

    操作方法

    step_a_1自分のファイルだけを削除する場合

    使用しないファイルを削除する方法については、下記をご参照ください。

    操作手順

    1. [スタート]ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]-[アクセサリ]-[システム ツール]から[ディスク クリーンアップ]をクリックします。

      • [コントロール パネル]から[システムとメンテナンス]をクリックし、[管理ツール]の[ディスクの空き領域を増やす]をクリックしても起動できます。
    2. [ディスク クリーンアップのオプション]画面が表示されるので、[自分のファイルのみ]をクリックします。

      [ディスク クリーンアップのオプション]画面

    3. [ディスクのクリーンアップ : ドライブの選択]画面が表示されるので、[ドライブ]欄の[▼]をクリックし、ディスク クリーンアップを実行するドライブを選択して[OK]ボタンをクリックします。

      • Cドライブのみの場合は、以下の画面は表示されません。
        自動的に手順4の画面が表示されます。

      [ディスクのクリーンアップ:ドライブの選択]画面

    4. [ディスク クリーンアップ]画面が表示されるので、[削除するファイル]内から、削除する項目にチェックをつけ、[OK]ボタンをクリックします。

      • [削除するファイル]内の項目の表示については、「参考情報」をご参照ください。

      [ディスク クリーンアップ]画面

       

      参考

      [休止状態のファイル クリーナ]の削除を行った場合、終了オプションの[休止状態]の項目が表示されなくなります。

    5. 「これらのファイルを完全に削除しますか ?」というメッセージ画面が表示されるので、[ファイルの削除]ボタンをクリックします。

      メッセージ画面

    以上で操作は完了です。

    目次に戻る

    step_a_1PCを使用しているすべてのユーザーのファイルを削除する場合

    使用しないファイルや、復元ポイント、およびインストールしたプログラムを削除するには、下記の操作手順をご参照ください。

    • 同じPCを使用しているすべてのユーザーのファイルを削除する場合のみ、[詳細オプション]タブが表示され、復元ポイントやプログラムを削除することができます。
    使用しないファイルを削除する方法

    操作手順

    1. [スタート]ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]-[アクセサリ]-[システム ツール]から[ディスク クリーンアップ]をクリックします。

      • [コントロール パネル]から[システムとメンテナンス]をクリックし、[管理ツール]の[ディスクの空き領域を増やす]をクリックしても起動できます。
    2. [ディスク クリーンアップのオプション]画面が表示されるので、[このコンピュータの全ユーザーのファイル]をクリックします。

      [ディスク クリーンアップのオプション]画面

    3. [ユーザー アカウント制御]画面が表示されるので、[続行]ボタン、または[許可]ボタンをクリックします。
      標準ユーザーでご利用の場合は、下記をご参照ください。

      [ユーザー アカウント制御]画面が表示されない場合は、次の手順に進んでください。

    4. [ディスクのクリーンアップ:ドライブの選択]画面が表示されるので、[ドライブ]欄の[▼]をクリックし、ディスククリーンアップを実行するドライブを選択して[OK]ボタンをクリックします。

      • Cドライブのみの場合は、以下の画面は表示されません。
        自動的に手順5の画面が表示されます。

      [ディスク クリーンアップ:ドライブの選択]画面

    5. [ディスク クリーンアップ]画面が表示されるので、[削除するファイル]内から、削除する項目にチェックをつけ、[OK]ボタンをクリックします。

      • [削除するファイル]内の項目の表示については、「参考情報」をご参照ください。

      [ディスク クリーンアップ]画面

       

      参考

      [休止状態のファイル クリーナ]の削除を行った場合、終了オプションの[休止状態]の項目が表示されなくなります。

    6. 「これらのファイルを完全に削除しますか ?」というメッセージ画面が表示されるので、[ファイルの削除]ボタンをクリックします。

      メッセージ画面

    以上で操作は完了です。

    目次に戻る

    復元ポイントを削除する方法

    最新の復元ポイント以外のすべての復元ポイントを削除するには、以下の操作を行ってください。

    操作手順

    1. [スタート]ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]-[アクセサリ]-[システム ツール]から[ディスク クリーンアップ]をクリックします。

      • [コントロール パネル]から[システムとメンテナンス]をクリックし、[管理ツール]の[ディスクの空き領域を増やす]をクリックしても起動できます。
    2. [ディスク クリーンアップのオプション]画面が表示されるので、[このコンピュータの全ユーザーのファイル]をクリックします。

      [ディスク クリーンアップのオプション]画面

    3. [ユーザー アカウント制御]画面が表示されるので、[続行]ボタン、または[許可]ボタンをクリックします。
      標準ユーザーでご利用の場合は、下記をご参照ください。

      [ユーザー アカウント制御]画面が表示されない場合は、次の手順に進んでください。

    4. [ディスクのクリーンアップ:ドライブの選択]画面が表示されるので、[ドライブ]欄の[▼]をクリックし、ディスク クリーンアップを実行するドライブを選択して[OK]ボタンをクリックします。

      • Cドライブのみの場合は、以下の画面は表示されません。
        自動的に手順5の画面が表示されます。

      [ディスクのクリーンアップ:ドライブの選択]画面

    5. [ディスク クリーンアップ]画面が表示されるので、[詳細オプション]タブをクリックします。

      • 同じPCを使用しているすべてのユーザーのファイルを削除する場合のみ、[詳細オプション]タブが表示されます。

      [ディスク クリーンアップ]画面

    6. [システムの復元とシャドウ コピー]欄にある[クリーンアップ]ボタンをクリックします。

      [ディスク クリーンアップ]画面

    7. 「最新のシステム復元ファイル以外の古い復元ファイルを削除しますか ?」というメッセージが表示されるので、[削除]ボタンをクリックします。

      メッセージ画面

    8. [ディスク クリーンアップ]画面に戻るので、[OK]ボタンをクリックします。

    9. 「これらのファイルを完全に削除しますか ?」というメッセージ画面が表示されるので、[ファイルの削除]ボタンをクリックします。

      メッセージ画面

    以上で操作は完了です。

    目次に戻る

    インストールしたプログラムを削除する方法

    インストールしたプログラムを削除するには、以下の操作を行ってください。

    ご注意

    ソフトウェアのアンインストール方法についての詳細は、各ソフトウェアメーカーまでお問い合わせください。
    誤った手順でアンインストールを行うと、レジストリーに不要な情報が残るなど、動作が不安定になる可能性があります。

    操作手順

    1. [スタート]ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]-[アクセサリ]-[システム ツール]から[ディスク クリーンアップ]をクリックします。

      • [コントロール パネル]から[システムとメンテナンス]をクリックし、[管理ツール]の[ディスクの空き領域を増やす]をクリックしても起動できます。
    2. [ディスク クリーンアップのオプション]画面が表示されるので、[このコンピュータの全ユーザーのファイル]をクリックします。

      [ディスク クリーンアップのオプション]画面

    3. [ユーザー アカウント制御]画面が表示されるので、[続行]ボタン、または[許可]ボタンをクリックします。
      標準ユーザーでご利用の場合は、下記をご参照ください。

      [ユーザー アカウント制御]画面が表示されない場合は、次の手順に進んでください。

    4. [ディスクのクリーンアップ:ドライブの選択]画面が表示されるので、[ドライブ]欄の[▼]をクリックし、ディスク クリーンアップを実行するドライブを選択して[OK]ボタンをクリックします。

      • Cドライブのみの場合は、以下の画面は表示されません。
        自動的に手順5の画面が表示されます。

      [ディスクのクリーンアップ:ドライブの選択]画面

    5. [ディスク クリーンアップ]画面が表示されるので、[詳細オプション]タブをクリックします。

      • 同じPCを使用しているすべてのユーザーのファイルを削除する場合のみ、[詳細オプション]タブが表示されます。

      [ディスク クリーンアップ]画面

    6. [プログラムと機能]欄にある[クリーンアップ]ボタンをクリックします。

      [ディスク クリーンアップ]画面

    7. [プログラムと機能]画面が表示されるので、削除したいプログラムを選択し[アンインストール]、または[アンインストールと変更]をクリックし削除します。

      • 以下の画像は一例です。

      [プログラムと機能]画面

    以上で操作は完了です。

    目次に戻る

     

    参考情報

    [削除するファイル]内の項目の表示については、下記をご参照ください。

    • ご使用のモデルにより、項目が異なる場合があります。
    項目説明
    ダウンロードされたプログラム ファイル特定のページを表示したときにインターネットから自動的にダウンロードされる、「ActiveX コントロール」や「JAVAアプレット」です。
    これらは、ハードディスクの[Downloaded Program Files]フォルダーに一時的に保存されます。
    Temporary Internet files[Temporary Internet files]フォルダーには、アクセスを早くする目的で、ハードディスクに保存されたWebページがあります。
    ハードディスクに保存したWebページには、Webページ用に設定した個人用設定が、そのままの状態で保存されます。
    休止状態(ハイバネーション)のファイルクリーナ

    休止状態のファイルには、休止状態に入る際のPCの状態についての情報が含まれます。
    休止状態の電源設定を使用しない場合は、このファイルを削除してディスク領域をあけることができます。
    このファイルを削除すると、休止状態が無効になります。

    • [休止状態のファイル クリーナ]の削除を行った場合、終了オプションの[休止状態]の項目が表示されなくなります。

     

    ごみ箱ごみ箱には、PCから削除されたファイルが格納されています。
    ごみ箱を空にするまでは、ファイルは完全には削除されません。
    一時ファイルプログラムはTEMPフォルダーに一時的な情報を格納することがあります。
    通常はプログラムを終了する前にこの情報は削除されます。
    縮小表示フォルダーを開くと縮小版がすばやく表示されるよう、すべての画像、ビデオ、およびドキュメントの縮小版が保持されます。
    縮小版を削除すると、必要に応じて自動的に作成されます。
    一時オフラインファイル一時オフラインファイルは、最近使用されたネットワークファイルのローカルコピーで、自動的に保存され、ネットワークを切断しても接続することができます。
    オフラインファイルオフラインファイルは、オフラインで使用するように指定したネットワークファイルのローカルコピーで、ネットワークを切断しても接続できます。

    目次に戻る

    目次に戻る