文書番号 : S0609201013749 / 最終更新日 : 2019/03/19

[Windows Vista] 拡大鏡を設定する方法

    Q

    [Windows Vista]
    拡大鏡を設定する方法


    拡大鏡を設定する方法について教えてください。


    A

    拡大鏡をデスクトップ上に表示させるには [コントロール パネル] の [コンピュータの簡単操作] から行います


    対象製品

    Windows Vista

    説明

    拡大鏡は、視覚が不自由な方のために、画面を拡大表示するユーティリティです。

    内容

    操作方法

    step_a_1拡大鏡を設定する方法

    操作手順

    1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

    2. [コンピュータの簡単操作] をクリックします。

      [コントロール パネル] 画面

    3. [コンピュータの簡単操作センター] をクリックします。

      [コンピュータの簡単操作] 画面

    4. [拡大鏡を開始します] をクリックします。

      [コンピュータの簡単操作センター] 画面

    5. デスクトップの上部に拡大鏡のウィンドウが表示され、そこに画面の一部が拡大表示されます。
      同時に [拡大鏡] 設定画面が表示されるので、任意の設定を行います。

      [拡大鏡] 設定画面

      起動時に最小化するチェックをつけると、最小化した状態で拡大鏡が起動します。
      倍率実際のサイズの 16 倍まで拡大できます。
      色の反転チェックをつけると、色が反転します。
      固定チェックをつけると、拡大鏡のウィンドウの位置が固定されます。
      また、[固定位置] の プルダウン から上下左右のいずれかに固定することができます。
      マウスポインタの動きを追うチェックをつけると、マウスがポイントしている場所を拡大します。
      キーボードフォーカスを拡大するチェックをつけると、キーボードの [Tab] キー、または矢印キーを押したときにポインタが移動する場所を拡大します。
      編集中のテキストを拡大するチェックをつけると、入力している内容を拡大します。

    6. 設定が完了したら、[非表示] ボタンをクリックします。

      参考

      [非表示] ボタンをクリックすると、設定画面がタスク バーに格納されます。
      拡大鏡を終了するには、タスク バーに最小化された設定画面をクリックして表示し、[×] (閉じる) ボタンをクリックします。

    以上で操作は完了です。

    目次に戻る

    step_a_1常に、拡大鏡が表示されるように設定する方法

    操作手順

    1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

    2. [視覚ディスプレイの最適化] をクリックします。

      [コントロール パネル] 画面

    3. [画面上の項目を拡大します] の [拡大鏡を有効にします] にチェックをつけて、[保存] ボタンをクリックします。

      [視覚ディスプレイの最適化] 画面

    以上で操作は完了です。

    目次に戻る