文書番号 : S0609201013718 / 最終更新日 : 2018/02/28

[Windows Vista] ユーザー アカウント制御機能の動作を変更する方法

対象製品カテゴリー・製品

 
Q

[Windows Vista]
ユーザーアカウント制御機能の動作を変更する方法

ユーザーアカウント制御機能の動作を変更する方法を教えてください。

 
A

[ローカル セキュリティ ポリシー]画面から、コンピュータの管理者(Administrator)、および標準アカウントによって、設定を変更することができます

対象製品

Windows Vista Ultimate
Windows Vista Business

説明

Windows Vistaのユーザーアカウント制御機能により、PCの動作に影響する可能性がある操作や他のユーザーに影響する設定を変更する場合には、出荷時の設定で[ユーザー アカウント制御]画面が表示される設定となっています。

内容

事前確認

ご注意

動作を変更するには、管理者ユーザー(コンピュータの管理者アカウントを持つユーザー)でログオンして操作を行ってください。

目次に戻る

操作方法

step_a_1コンピュータの管理者(Administrator)に対する動作を変更する場合

操作手順

  1. [スタート]ボタンをクリックし、[検索の開始]欄に「secpol.msc」と入力し、[Enter]キーを押します。

    [検索の開始]欄画像

  2. [ユーザー アカウント制御]画面が表示されるので、[続行]ボタン、または管理者パスワードを入力し[OK]ボタンをクリックします。

    • [ユーザー アカウント制御]画面が表示されない場合は、次の手順に進んでください。
  3. [ローカル ポリシー]をクリックし、[セキュリティ オプション]をダブルクリックします。

    [ローカル ポリシー]画面

  4. 一覧から[ユーザー アカウント制御:管理者承認モードでの管理者に対する昇格時のプロンプトの動作]をダブルクリックします。

    [ローカル ポリシー]画面

  5. プルダウンをクリックし、任意の設定を選択します。

    [ユーザー アカウント制御]画面

    参考

    以下のいずれかの設定を選択することができます。

    • [プロンプトを表示せずに昇格する]

      確認を必要とされるソフトウェアを操作時、[ユーザー アカウント制御]画面が表示されずに管理者としての操作が可能です。

    • [資格情報を要求する]

      確認を必要とされるソフトウェアの操作時、[ユーザー アカウント制御]画面を表示し、管理者のパスワードを求められます。

    • [同意を要求する]

      既定の設定です。
      [ユーザー アカウント制御]画面を表示し、操作を続行するかどうかの許可を求めます。

  6. [OK]ボタンをクリックします。

以上で操作は完了です。

目次に戻る

step_a_1標準アカウントに対する動作を変更する場合

操作手順

  1. [スタート]ボタンをクリックし、[検索の開始]欄に「secpol.msc」と入力し、[Enter]キーを押します。

    [検索の開始]欄画像

  2. [ユーザー アカウント制御]画面が表示されるので、[続行]ボタン、または管理者パスワードを入力し[OK]ボタンをクリックします。

    • [ユーザー アカウント制御]画面が表示されない場合は、次の手順に進んでください。
  3. [ローカル ポリシー]をクリックし、[セキュリティ オプション]をダブルクリックします。

    [ローカル ポリシー]画面

  4. 一覧から[ユーザー アカウント制御:標準ユーザーに対する昇格時のプロンプトの動作]をダブルクリックします。

    [ローカル ポリシー]画面

  5. プルダウンをクリックし、任意の設定を選択します。

    [ユーザー アカウント制御]画面

    参考

    以下のいずれかの設定を選択することができます。

    • [昇格要求を自動的に拒否する]

      [ユーザー アカウント制御]画面を表示せず、管理者としてのソフトウェアの実行することはできません。
      ポリシーによりソフトウェアの実行が妨げられたことを示すエラーメッセージが表示されます。

    • [資格情報を要求する]

      既定の設定です。
      確認を必要とされるソフトウェアの操作時、[ユーザー アカウント制御]画面を表示し、管理者のパスワードを求められます。

  6. [OK]ボタンをクリックします。

以上で操作は完了です。

目次に戻る

 

参考情報

ユーザーアカウント制御機能の詳細については、下記をご参照ください。

目次に戻る