文書番号 : S0405250001286 / 最終更新日 : 2016/09/27

(用語説明) マジックゲート


    Q(用語説明) マジックゲート
    マジックゲートとは。


    A メモリースティックと対応機器の間で著作権を保護するための技術です
    マジックゲート (MagicGate) とは、メモリースティックと対応機器の間で著作権を保護するための技術です。
    マジックゲート対応機器とメモリースティック間で、データの暗号化や相互認証を行い違法コピーを防ぎ、著作権に配慮してデータを楽しめます。
    この技術を搭載したメモリースティックを、「マジックゲート メモリースティック」といいます。

    データの記録や読み出しを行なう場合には、対応機器とメモリースティックの間で、お互いが著作権保護に対応しているかどうかを認証し、データを暗号化して行ないます。
    そのため、どちらか一方でもマジックゲートに対応していないと、著作権が保護されたデータを記録・再生することができません。
    通常の画像ファイルやデータファイルなどは、マジックゲート対応メモリースティックスロットを搭載していない機器でも、読み書き可能です。



    ▼関連項目:
    (用語説明) メモリースティック
    ▼詳細項目:
    ▼まとめ項目: