文書番号 : 00299215 / 最終更新日 : 2024/01/10印刷する

ALLM(自動低遅延モード)パススルーに対応とありますが、ALLMとは何ですか?

    内容

    ALLM(Auto Low Latency Mode)とは?

    ALLMは、テレビがHDMI接続したゲーム機などから入力されたコンテンツに応じて、低遅延モードと高画質モードを自動的に切り替える(*)機能です。

    * 「自動的に切り替える」とは?

    テレビ側で、HDMI機器(ゲーム機など)から入力されたALLM情報に基づき、例えばゲームコンテンツでは低遅延モードに、映画コンテンツでは高画質モードに自動的に切り替えること指します。

    本機がALLMパススルーに対応したことで、対応の出力機器(ゲーム機など)と対応の入力機器(テレビなどのディスプレイ)の間に本機を介して接続した場合も、低遅延モードへの自動切換えが設定可能となります。