文書番号 : 00282342 / 最終更新日 : 2022/09/08印刷する

ILCE-7M4(α7 IV)にメモリーカードを挿入してのアップデートがうまくできない

    2022年9月8日にVer. 1.05、Ver. 1.10の配信を再開いたしました。Ver. 1.05は変更ありません。Ver. 1.10は、配信再開後も同じVer. 1.10ですが、ファイルサイズは異なります。カメラの機能・性能については相違はありません。
    それぞれの「BODYDATA.DAT」のファイルサイズは以下のとおりです。

    ■ Ver. 1.10

    • 公開停止前:867,270,040 バイト
    • 公開再開後:860,226,968 バイト

    ■ Ver. 1.05

    • 変更なし:839,741,848バイト

    8月24日に公開されたアップデートファイルですでに Ver. 1.10へのアップデートがお済みの場合は、MENUから[ロスレス圧縮(L)]が設定できることが確認できれば問題無く動作しています。そのままお使いください。

    確認方法

    • カメラを静止画モードにする
    • MENU→(撮影)→[画質]→[画質/画像サイズ設定]→[RAW記録方式]→[ロスレス圧縮(L)]

    MENUから設定を確認または変更しようとするとカメラが再起動してしまう場合は、カメラを動画モードにして起動し、カメラの初期化をすれば問題なくご使用いただけます。

    操作方法

    • カメラを動画モードにする
    • MENU→(セットアップ)→[設定初期化/保存]→[設定リセット]→[初期化]

    2022年8月24日以降に公開されたILCE-7M4 本体ソフトウェアアップデートはメモリーカード版のみです。Windows版、Mac OS版の提供はなく、カメラとパソコンをUSB接続してのアップデート方法ではありません。
    注意すべきポイントと、アップデートがうまくできない場合の対処方法を説明します。

    注意すべきポイント

    ファイルのダウンロードとアップデート手順の確認にはパソコンが必要
    アップデートファイルは以下のページをパソコンで開き、パソコンでダウンロードしてください。
    *スマートフォンではダウンロードできず、アップデート手順の確認もできません。

    ILCE-7M4 本体ソフトウェアアップデート

     

    2段階のアップデートが必要
    同じ日にふたつのバージョン(Ver. 1.05とVer. 1.10)が公開されています。
    Ver. 1.05はVer. 1.10にアップデートするために必要なアップデートです。
    Ver. 1.10のダウンロードページの「ダウンロード」ボタンの上にある「Ver. 1.05のアップデートはこちら」のリンク先からVer. 1.05のアップデートファイルをダウンロードしてください。
    Ver. 1.00またはVer. 1.01からVer. 1.10にアップデートすることはできません。必ずVer. 1.05にアップデートしてからVer. 1.10にアップデートしてください。

    ILCE-7M4 本体ソフトウェアアップデート Ver. 1.10の画面表示例

     

    ファイル名が同じ「BODYDATA.DAT」
    Ver. 1.05とVer. 1.10のアップデートファイルのファイル名は同じ「BODYDATA.DAT」です。カメラのフォーマット機能でフォーマット(初期化)したメモリーカードのルートディレクトリー直下に「BODYDATA.DAT」をコピーしてください。フォーマット(初期化)する前にデータのバックアップを忘れずにおこなってください。

    ご注意
    メモリーカードをフォーマット(初期化)すると、メモリーカードに記録されているすべてのデータは消去され、元に戻すことはできません。大切なデータはパソコンなどに保存しておいてください。

     

    ファイル名を変更するとアップデートできませんので、Ver. 1.05にアップデートしたあとに、メモリーカードをフォーマットしてからVer. 1.10のアップデートファイルをメモリーカードにコピーしてください。

    「BODYDATA.DAT」をSDカードにコピーした場合の画面の一例(Windows10)

     

    カードスロットはスロット1のみ対応
    メモリーカードはスロット1に挿入してください。スロット2ではアップデートできません。
    使用可能なメモリーカードについてはヘルプガイドをご確認ください。

    使用できるメモリーカード

     

    アップデートがうまくできない場合

    アップデート中は、カメラの液晶画面が真っ暗になり、アクセスランプが点滅します。点滅状態によって、アップデート進行中なのか、アップデートが開始できていないのかの判別ができます。

    アップデート進行中のアクセスランプの点滅状態

    はじめは1回ずつ点滅します。アップデートが進んでくると、3回ずつの点滅を一定間隔で繰り返します。さらに進むと5回の点滅を一定間隔で繰り返します。
    「ボディーアップデートが完了しました」と表示されたら[確認]を選んでアップデートを完了してください。以下の動画で点滅の状態を確認できます。

    アップデートが開始できていない場合のアクセスランプの点滅状態

    ゆっくり5回点滅したあと素早く6回点滅する状態を繰り返している場合は、アップデートが進行していません。
    Ver. 1.05にアップデートせずにVer. 1.10にアップデートしようとした場合、この状態になります。この場合はやり直しが必要です。

    アップデートをやり直すには、カメラの電源をOFFにします。電源をOFFにしてもアクセスランプは点滅し続けますので、バッテリーを抜いてから、電源を入れなおしてください。メモリーカードをフォーマットしてからダウンロードページに掲載されている「アップデート手順」に従って、Ver. 1.05のアップデートを実行し、完了してからVer. 1.10のアップデートを実行してください。
    以下の動画で、アクセスランプの点滅状態と、アップデートをやり直す流れを説明しています。

     

    エラーメッセージと対処方法

    「メモリーカードが入っていません」または「メモリーカードが入っていません スロット1」
    アップデートファイルをコピーしたメモリーカードをスロット1に挿入してください。

    「スロット1にメディアが挿入されていないかメディア内にアップデートファイルがないもしくはファイルが破損している状態です。」
    以下のような状況が考えられます。

    • アップデートファイルがメモリーカードに存在しない
    • 「BODYDATA.DAT」がカメラでフォーマットしたメモリーカードのルートディレクトリ直下にない
    • ファイル名が「BODYDATA.DAT」以外になっている

    メモリーカードのルートディレクトリ直下に適切なバージョンの「BODYDATA.DAT」をコピーしてください。

     

    「アップデートファイルのバージョンが正しくありません」

    同じバージョンまたは過去のバージョンのアップデートファイルを実行ようとすると表示されるメッセージです。
    カメラのバージョンを確認してください。
    • カメラが現在Ver. 1.05の場合
      メモリーカードにVer. 1.05のアップデートファイルが残っています。メモリーカードをフォーマットして、Ver. 1.10のアップデートファイルをコピーしてからアップデートを実行してください。
    • カメラが現在Ver. 1.10の場合
      2022年8月24日に公開されたVer. 1.10を適用後、9月8日に公開されたVer. 1.10を適用することはできません
      2022年8月24日に公開されたVer. 1.10を適用し、問題なく動作している場合は、再度アップデートは必要ありません。アップデート後のカメラの機能・性能については相違はありません。

    「アップデートファイルの対象モデルが正しくありません。」
    別のカメラのアップデートファイルです。ILCE-7M4のアップデートファイルをコピーしてください。