文書番号 : 00264234 / 最終更新日 : 2022/05/17

ヘッドホンを耳から取り外す、または、タッチセンサーコントロールパネルで操作しても、音楽の再生/一時停止にならない(WH-1000XM4、WH-1000XM5)

    お困りの内容に応じて、以下の内容をご確認ください。

    ヘッドホンを耳から取り外しても音楽再生が一時停止にならない場合

    • Sony | Headphones Connect アプリで、[システム]タブ→[ヘッドホンを外したら音楽を一時停止]の設定が有効になっていることを確認してください。
    • 高温多湿の場所や汗をかいた状態で使用したときに、装着検出が動作しないことがあります。
      イヤーパッドを完全に乾燥させてからご使用ください。
    • お使いの再生アプリによっては、ヘッドホンを耳から取り外しても音楽再生が自動的に一時停止にならない場合もあります。その場合は、音楽再生アプリにて操作を行ってください。

    タッチセンサーコントロールパネルで操作ができない場合

    • ヘッドホンの設定や、操作方法を確認する

      • Sony | Headphones Connect アプリで、[システム]タブ→[タッチセンサーコントロールパネル]の設定が有効になっていることを確認してください。
      • ヘッドホンを頭部に装着していない状態ではタッチセンサーコントロールパネルは使用できません。ヘッドホンを装着してからタッチセンサーコントロールパネルを操作してください。
      • 指の爪や、手袋をつけた状態では正しく動作しません。指の表面を使って操作してください。
      • ヘッドホンを帽子やマフラー、髪の毛などの上から装着した場合、装着検出が正しく動作せず、タッチセンサーコントロールパネルを操作できない場合があります。耳がイヤーパッド内に入るように装着してください。
    • アプリや接続方法に応じて確認する

      • お使いの音楽再生アプリや、パソコンのアプリケーションによっては、タッチセンサーコントロールパネルで操作ができない場合もあります。その場合は、音楽再生アプリにて操作を行ってください。
      • 付属のヘッドホンケーブルをつないでヘッドホンの電源を入れているときは、クイックアテンションモード、スピーク・トゥ・チャットは使用できますが、音量調節、再生/一時停止などの操作はできません。
    • それでも解決しない場合

      • “Sony | Headphones Connect”アプリで、[システム]タブ→[自動電源オフ]の設定を[オフしない]に変更してください。この設定によりヘッドホンの装着検出が動作し続けるため、症状が改善する場合があります。
      • ヘッドホンをリセットしてください。リセットをしても操作できないときは、ヘッドホンを初期化してください。
        ※リセットをしても、機器登録(ペアリング)情報は削除されません。ヘッドホンを初期化すると、各種設定はお買い上げ時の状態に戻り、機器登録(ペアリング)も再度行う必要があります。