文書番号 : 00246095 / 最終更新日 : 2020/06/09

ヘッドホンを使った後のお手入れ方法(WI-SP510)

    以下の手順に従ってお手入れを行ってください。

    お手入れ・掃除方法

    1. イヤーピースを外します

      ヘッドホンを押さえた状態で、イヤーピースをねじりながら引き抜いてください。
      イヤーピースの端をつまんで引っ張らないでください。

    2. ヘッドホンをお手入れします

      イヤーピースをお手入れする
      イヤーピースが汚れている場合は、薄めた中性洗剤で手洗いしてください。
      洗浄後は水気をよく拭いてください。

      ヘッドセットをお手入れする
      ヘッドセットの外装の汚れは、柔らかい布でから拭きしてください。
      汚れがひどいときは、うすい中性洗剤溶液でしめらせた布で拭いてください。
      シンナー、ベンジン、アルコールなどは表面の仕上げをいためるので使わないでください。

      また、音の出口に水が入ってしまった場合は、以下の手順でお手入れしてください。

      音の出口の水抜き
      音の出口の中に水滴が残っていると、音が小さく聞こえたり、音が聞こえなくなったりすることがあります。
      その際は、音導管を下に向け、2、3回振って水滴を取り除いてお使いください。

      ご注意

      寒冷地などでは、水滴が付着したまま放置すると凍結する恐れがあります。
      故障の原因となりますのでご使用後は必ず水滴を拭き取るようにしてください。

       

    3. イヤーピースを付けます

      イヤーピースを斜めに取り付けず、奥までしっかり押し込んでください。
      イヤーピースが正しく取り付けされているか必ず確認してください。

      ご注意

      USB Type-C端子のフタは防滴性能を保持するために大変重要な役割を果たしています。
      ご使用の際は完全に閉まっていることを確認してください。
      異物が付着している場合は、異物を取り除いてください。
      異物が付着していたり、すき間があって完全に閉まっていない場合には、防滴性能を保持できなく、内部に水が入り込み故障の原因になる場合もあります。

      * 水などの液体が原因で故障したときは、製品保証の対象外となります。その場合、保証期間内であっても修理は有償になります。