文書番号 : 00235511 / 最終更新日 : 2019/11/18

4K HDR放送を見たとき、他の放送と比較して画面が暗い(BDZ-FBT*000/FBW**00)

    HDR放送の特徴であり、本機の故障ではありません。

    BS4K/CS4K放送で採用されているHDR映像信号は、表現できる明暗の範囲を大幅に拡大し、現実に近い高コントラストな映像を再現することを目指しています。
    ただし、HDR信号は明暗の階調の情報も多く、従来の映像信号(SDR)だと明るく白飛びしていた部分にも正確な色情報が含まれているため、映像の内容によっては、画面の明るさがSDR(スタンダード・ダイナミック・レンジ)映像と比べて、むしろ抑えられた暗い映像に見えてしまう場合があります。
    特に、4K放送の開始からしばらくの期間は、SDRで制作された映像をHDR変換した映像の番組も少なくなく、この傾向が強い番組もあります。

    テレビ側の画質設定でより明るい画質モードを選んだり、輝度レベルの調整をしたりすることで改善できます。
    詳しくはお使いのテレビの取扱説明書を参照してください。
    それでも暗いときは、本機の以下の設定をお試しください。

    • [詳細設定]>[映像設定]>[HDR出力]で[切]にする