文書番号 : 00231284 / 最終更新日 : 2019/08/08

ヘッドセットで通話をしているとき、自分の声が大きく聞こえたり、エコーがかかったように聞こえたりする(WI-C200、WI-C310)

対象製品カテゴリー・製品

ヘッドセットで通話をしたとき、マイクが作動して自分の声が聞える機能(サイドトーン)が働くため、自分の声が大きく聞こえたり、周囲の音や操作音が聞こえる現象が発生します。
ヘッドセットの故障ではありませんので、ご安心ください。

参考情報

  • ヘッドセットのサイドトーンの機能は、音量調整や機能オフにすることはできません。
  • ヘッドセットのマイクを手で口元に近づけて話すと、エコーがかかったように聞こえたり、音が大きくなりますので、マイクを口元に近づけずにお話しください。