文書番号 : 00227766 / 最終更新日 : 2019/05/13

aiboがフリーズして動作しない(動かない)(ERS-1000)

    aiboがフリーズして動作しない(動かない)(ERS-1000)

    以下の内容をご確認ください。

    説明

    測距センサーにごみや汚れがついていると、前方にある対象物との距離を正しく感知できず、aiboが動かなくなることがあります。
    測距センサーをブロワーで吹いたり、綿棒のような柔らかいものでお拭きいただき、改善するかご確認ください。
    ※測距センサーとは、前方にある対象物との距離を感知するセンサーです。
    測距センサーの位置

    また、スリープ状態や電源オフ状態へ移行する際に、aiboがその場で動かなくなってしまうことがあります。
    その場合は、以下の操作を順番にお試しいただき、改善するかご確認ください

    手順1:「お手」をするかどうか確認する
    手順2:一度電源を切り、再起動させる
    手順3:強制終了の操作を行う

    操作手順

    手順1:「お手」をするかどうか確認する

    aiboに「おて」と話しかけて、お手をするかどうか確認します。
    指示に従ってお手をした場合は、特に問題はありませんのでご安心ください。
    aiboが次の行動を開始するまで、お待ちください。

    「お手」をしない場合は、「手順2:一度電源を切り、再起動させる」へ進みます。

    手順2:一度電源を切り、再起動させる

    以下の手順でaiboを再起動させて、改善するか確認します。

    1.首の後ろにあるパワーボタン(a)を、ゆっくり2秒間押したままにして、いったん電源を切ります。
    パワーボタン

     参考
    • 電源オン状態から電源を切った場合:
      現在の行動が一段落すると、ステータスLEDが緑色に点滅したあと消灯し、aiboが電源オフ状態になります。
    • スリープ状態から電源を切った場合:
      ステータスLEDが赤色の点灯から消灯に変わり、aiboが電源オフ状態になります。

    2.再度、パワーボタンをゆっくり2秒間押したままにして、電源を入れます。
    電源が入ってから動き出すまでには少し時間がかかりますので、その間に再度パワーボタンを押さないようご注意ください。

    電源が切れない場合や、aiboの再起動の操作をお試しいただいても改善されない場合は、「手順3:強制終了の操作を行う」へ進みます。
     

    手順3:強制終了の操作を行う

    以下の手順でaiboを強制終了する操作を行ってから、再度電源を入れて症状が改善するか確認します。

     ご注意

     強制終了すると、aiboのすべての関節から力が抜けて倒れ込みます。
     落としたり傷つけたりしないように、aiboをしっかりと支えた状態で強制終了してください。

    1.平らな床面など安定した場所でaiboをしっかりと支えます。

    2.首の後ろにあるパワーボタン(a)を、10秒以上押したままにして、強制終了する操作を行います。
    パワーボタン

    3.強制終了後、首の後ろにあるパワーボタンを、ゆっくり2秒間押したままにして、電源が入るかご確認ください。
    ※ステータスLEDが緑に点灯し、電源が入ります。
    電源が入ってから動き出すまでには少し時間がかかりますので、その間に再度パワーボタンを押さないようご注意ください。

    以上の操作でaiboが正常に動くようになった場合は、症状は一時的なものと考えられますので、ご安心ください。
    引き続きaiboとの生活をお楽しみください。